トップ > 神業ニッポン 明治のやきもの 幻の横浜焼・東京焼
  

神業ニッポン 明治のやきもの 幻の横浜焼・東京焼

開催期間2020年9月5日(土)~2020年11月3日(火)
休館月曜日(ただし、9月21日(月・祝)は開館)、9月23日(水)
時間10:00~18:00(入館は17:30まで)
会場岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ
ホームページhttp://www.cpm-gifu.jp/museum
住所岐阜県多治見市東町4-2-5(セラミックパークMINO内)
お問い合わせ先E-mail museum.1@cpm-gifu.jp  Tel. 0572-28-3100
宮川香山《高浮彫牡丹ニ眠猫覚醒大香炉》 田邊哲人コレクション(横浜美術館寄託)
石黒香香《相撲人形》田邊哲人コレクション
日光商店《色絵花鳥文碗・皿》田邊哲人コレクション
宮川香山《高取釉高浮彫蟹花瓶》田邊哲人コレクション(神奈川県立歴史博物館寄託)
井村彦次郎 絵付:瓢池園《色絵木菟文足付花瓶》田邊哲人コレクション
 明治時代が幕を開けると、諸外国から多くの人々が日本を訪れました。彼らは日本の美術
工芸品に魅せられ、購入した作品を持ち帰りました。さらに日本の美術工芸品は、欧米で開催
された万国博覧会で高く評価されるとともに、海外へ大量に輸出されました。
 その中で、華やかで精緻を極めたモティーフによって装飾された輸出陶磁器「横浜焼・東京焼」
は「神業」ともいうべき超絶技巧を凝らした品々で、外国の人々の好みを反映して製作され
ました。しかし、国内に現存する作品が希少で、製作過程や実態に謎が多く、「幻の陶磁器」と
よばれています。本展では、国内随一のコレクター・田邊哲人氏が里帰りさせたコレクション
から精選した作品と、日本に現存する優品を一堂におよそ150点紹介し、幻といわれるその
全貌に迫ります。

【関連イベント】 
○講演会「幻の横浜焼・東京焼―その魅力にせまる―」
9月13日(日) 14:00~15:30  
講 師 荒川正明氏 (学習院大学教授、本展監修者)
会 場 セラミックパークMINO イベントホール
※聴講無料、要事前申込
(電話 0572-28-3100 ・ メール momca-event@cpm-gifu.jp) [申込受付中]

○特別ギャラリートーク
10月11日(日) 14:00~15:00 
講 師 森谷美保氏 (美術史家、実践女子大学・学習院大学非常勤講師、本展企画アドバイザー)
※要観覧券、事前申込不要                       
  
○ギャラリートーク 当館学芸員による展示解説
10月25日(日) 14:00 ~15:00 ※要観覧券、事前申込不要

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.