トップ > 坂内美和子展 界の狭間
  

坂内美和子展 界の狭間

開催期間2020年9月14日(月)~2020年9月27日(日)
休館水曜
時間12〜19時 最終日17時まで
会場トキ・アートスペース
ホームページhttp://tokiart.life.coocan.jp
住所東京都東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
お問い合わせ先03-3479-0332
坂内美和子《界の狭間シリーズその2》 200×150×10mm ホウの木、アクリル
坂内美和子《界の狭間シリーズその1》 635×500mm 段ボール、アクリル、パステル、炭、他
【坂内美和子展 個展コンセプト】

「界の狭間」

去年から「狭間」について考え始めている。

パンデミックは私たちの生活を大きく変えた。通販の利用が増え、梱包の段ボール箱が増えてしまった。
段ボールは再生紙から作られるが、紙は木から生まれる。私は長年、主に朴(ホウ)の木板を支持体とした作品を作ってきたが、段ボールの利用を思いついた。
木を使った生産と消費の流れの、最初のほうに木板があり、最終点に段ボールがある。そして通販は国内だけでなく、広く海外に流通する。それはグローバリゼーションの象徴だ。

制作工程は、これまでと同じく、表面にアクリルで彩色を施す。朴は彫刻刀や鑿で彫るが、段ボールは表面をカッターで切りはがす。段ボールと平行して、いままで通り、ホウの木板を支持体とした作品も作っている。
木板の彫りの面の粗ぽさは自然。段ボールの切りはがしは産業の断面。彫りと切りはがしの工程が生み出すものは、臨界を迎えつつあるいまの世界の「狭間」。そして、そこから向こう側の世「界」が見えるのではないか。

坂内美和子


【個展概要】

2020年トキ・アートスペース企画シリーズ “Realization"
情報に与することなく、実感をもって絵画という形式と向き合い、その先に現れる世界に出会う。
vol.6 坂内美和子展
2020年9月14日(月)〜9月27日(日)
12〜19時 最終日17時まで 水曜休廊
トキ・アートスペース
〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F TEL/FAX 03-3479-0332
http://tokiart.life.coocan.jp
曼荼羅蟲螻田保橋淳展
2020/10/5~2020/10/10

トップへ
貴地邦公彦「箱 面 box men 展 2020」
2020/10/5~2020/10/10
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.