トップ > 国島 征二展「記憶の成層圏VIII」
  

国島 征二展「記憶の成層圏VIII」

開催期間2020年7月23日(木)~2020年8月16日(日)
休館会期中無休
時間13:00-20:00
会場L gallery
ホームページhttp://l-gallery.jp/
住所愛知県名古屋市名東区本郷 1-43 The Apartment LiF F-1
お問い合わせ先052-774-5599
"Wrapped Memory - 文字の集積 (C) 2019"
"Untitled 20-1" 黒ミカゲ石、白ミカゲ石、ブロンズ、鉛 40 x 15.5 x 33cm 2020
"Staking Stone 2020-A" 黒ミカゲ石、ブロンズ、鉛 28 x 14 x 27.5cm 2020
 6月半ばを過ぎても朝晩は、暖炉に火を入れようかと思うほど山は冷えるそうだ。「行きつけの飲み屋もすべて自粛、専ら家呑みですよ」とこの数ヶ月を振り返り苦笑った。
 当時、まちは暗く、車も人も少なく閑散としていた。だが、鳥の囀り、樹々のざわめき、動物の気配、夜が来れば元より真闇…山は何も変わらない。人との接点も絶え、ステイホームのストレスと有り余った時間は、そのまま制作へのエネルギーに転換された。

 これまでも、作品と向き合うことが即ち生きることという道を歩んできたが、この3月以降、特に勢いが増した。雨でなければ朝6時ごろから、昼に休憩をはさみ夕方、陰り出すまで外で仕事を続ける。
 「戦争、大地震、台風、大きな災いに直面してきたが、今回は、ありとあらゆる場所で、生きていくための手段が変わってしまったと感じている。その一方、〝人間〟でありたいという基本的な姿勢は変わらない」。それは、信念を貫き生きる〝人間〟でありたい、ということだろう。

 「こういう状況下にあっても、我々のやっていることは必要なのではないかと考えています」と国島征二。観る者に刺激を与える作品をつくり続けてきた人だ。こんな時代だからこそ直接、作品と対峙し、質感や存在感をリアルに受け止めて欲しい。
吉田有花 個展「愛らしいひと」
2020/9/8~2020/9/13

トップへ
夏 -青と緑-
2020/8/17~2020/8/29
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.