トップ > トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2020 成果発表展「デイジーチェーン」第1期
  

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2020 成果発表展「デイジーチェーン」第1期

開催期間2020年7月4日(土)~2020年8月10日(月)
休館7/6、7/13、7/20、7/27、8/3
時間11:00-19:00
会場トーキョーアーツアンドスペース本郷
ホームページhttps://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2020/20200704-6990.html
住所東京都文京区本郷2-4-16
お問い合わせ先03-5689-5331
トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)では、2006年よりレジデンス・プログラム「クリエーター・イン・レジデンス」を開始し、東京や海外の派遣先を舞台に、様々なジャンルや国籍のクリエーターたちへ滞在制作の機会を提供しています。本展では、2019年度にTOKASのレジデンス・プログラムに参加したクリエーターによる滞在制作の成果を発表します。
レジデンスで滞在制作を行うアーティストは、その土地の記憶や社会的構造に接続することによって、固定された視点を問い直します。小さな声や見過ごされてきた事実に光を当てる彼らの作品は、過去や遠く離れた国の出来事に留まらず、今ここにいる私たちに繋がる問題意識を内包した、世界の見方を更新する試みです。
ヒナギクの花冠を意味する「デイジーチェーン」は、コンピュータと複数の機器を繋ぐ接続方法の一つです。太陽の目(day’s eye)を語源とするヒナギクの花は、点と点を結ぶように個々を順番に繋ぎ、一つのネットワークを構築します。
本展では、世界各地のレジデンスで活動を行った15名のアーティストが、リサーチをもとに考察を深め発展させた成果作品を2期にわたり紹介します。時間と空間に接続することによって、新しい視点を獲得し、現在の社会を多様に映し出す作品にご期待ください。
※予定は変更になる場合があります。

参加アーティスト:
井原宏蕗、大坪 晶、キム・ジヒ、衣 真一郎、しまうちみか、北條知子、チャリントーン・ラチュルチャタ、リ・カイチョン(李 继忠)

提携機関:
アトリエ・モンディアル(スイス、バーゼル)、クンストラウム・クロイツベルク・ベタニエン、ベルリン市(ドイツ、ベルリン)、クンストハレ・エクスナーガッセ(オーストリア、ウィーン)、センター・クラーク、ケベック・アーツカウンシル(カナダ、ケベック)、トレジャーヒル・アーティスト・ヴィレッジ、アーツ・イン・レジデンス台北(台湾、台北)、HIAP[ヘルシンキ・インターナショナル・アーティスト・プログラム]、フィンランド文化財団(フィンランド、ヘルシンキ)




トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.