トップ > (オンライン)手のひら美術館「對岸 – 李龍俊ドキュメンタリー写真」
  

(オンライン)手のひら美術館「對岸 – 李龍俊ドキュメンタリー写真」

開催期間2020年6月17日(水)~2020年7月31日(金)
会場オンライン(作成:GALLERY 2511)
ホームページhttps://gallery.2511.jp/exh/oam/011-taigan/
住所東京都千代田区西神田2-5-11 出版輸送ビル3F
お問い合わせ先E-mail assist@2511.jp  Tel. 09023386345
GALLERY 2511
鴨緑江(オウリョクコウ)は中国の東北部と北朝鮮の国境となっている川である。
中国で生まれ育った写真家李龍俊(リ・リョンジュン)は、長年鴨緑江の対岸に面している国=北朝鮮とそこに暮らす人々に注目をし、10年間に渡りドキュメンタリー作品を撮り続けてきた。
今回ご紹介する20点余りの作品は、写真家が旅先の制限された行動範囲の中で目撃した部分的光景の記録にすぎず、決してあの国全体を表すものとは限らない事をご理解頂きたい。
北朝鮮の様子はテレビの報道特集やネットメディアによっても数えきれない情報が発信されており、また複雑な課題が数々存在するのも事実だが、今回の趣旨はあくまでも中立・且つ客観的な目線で「地域と人々」の様子をお伝えする事と、平和で豊かな生活の実現を願う事にある。
新型コロナの蔓延や外出自粛の要請が続く中、自由な日常生活の大切さを痛感してきた。おかげで、おうちでも気軽に展覧会を楽しんで頂く試みとして「手のひら美術館」という新コーナーが誕生した。
これらの作品を通して、いま僕らが送っている平和で豊かな暮らしがどれだけ幸せなのかを改めて実感できるだろうか。

プロフィール
李龍俊(リ・リョンジュン 朝:리룡준 韓:이룡준)
1964年中国吉林省生まれ、朝鮮族。
吉林省撮影協会会員、延辺撮影協会理事、延吉市撮影協会副会長
2019年 4 月  北京三影堂写真作品展
2018年10月  第三回北京国際写真ビエンナーレ
2017年 2 月  「雪国意象」個展 – 延辺大学美術館
2017年 10月  第三回吉林省現代写真アートビエンナーレ
関口聖火子版画展 ―異郷の風景ー
2020/7/27~2020/8/2

トップへ
日本宝飾クラフト学院 サマーセミナー
2020/8/1~2020/8/19
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.