トップ > 「加藤真史 Trace the Trace - 僕に踏まれた街と僕が踏まれた街-」展
  

「加藤真史 Trace the Trace - 僕に踏まれた街と僕が踏まれた街-」展

開催期間2020年7月6日(月)~2020年7月18日(土)
休館日曜祝日
時間11:00~19:00
会場Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi
ホームページhttp://www.f-e-i.jp
住所東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
お問い合わせ先E-mail hfg@fukasaku.jp  Tel. 03-5786-1505
このたび、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi では、「加藤真史 Trace the Trace - 僕に踏まれた街と僕が踏まれた街-」を開催致します。

加藤は映画のワンシーンや街の風景を切り取り、さらに小さく切り刻み再構成する作品を作り続けてきました。今展はそのような制作の跡が残る支持体を使用し、加藤が過ごしてきた軌跡を示すような制作スタイルをとっています。
 「Trace the Trace(Hashimoto)」について この作品のモチーフは私が住んだことのある、また通ったことのある土地の航空写真であり、支持体には痕跡付きの紙を貼ったパネルを使用している。 自分の泥臭く線を重ねていく制作手法、またどこの土地の風景に対しても思い入れが持てず風景を「ログ」のように感じていること、さらに昔から身体的・精神的なコンディションを整えるために自宅周辺を走ったり歩きまわったりする習慣。
この「Trace the Trace」シリーズは、ひとつずつ見ればそれほど珍しくはないそれらの要素を、制作によって出た唯一の痕跡の付いた支持体に、徒歩で特定の地域の道を覚えるように線描で刻んだものだ。 」とコメント頂きました。
 自身を振り返るような「Trace the Trace」シリーズの作品はともすればnet と現実が多く混在する現代において誰しもが覚える普遍的な記憶・風景の軌跡とも言えるのかもしれません。
 2019 年の弊廊の個展から更なる深化を感じさせる作品を是非、ご高覧頂ければ幸いです
夏季特別展「シルバニアファミリー展」
2020/7/18~2020/8/30

トップへ
3-6
2020/7/14~2020/7/19
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.