トップ > 岐阜県現代陶芸美術館 コレクション展
  

岐阜県現代陶芸美術館 コレクション展

開催期間2020年5月19日(火)~2020年9月6日(日)
休館月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日)
時間10:00~18:00(入館は17:30まで)
会場岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅡ
ホームページhttp://www.cpm-gifu.jp/museum
住所岐阜県多治見市東町4-2-5(セラミックパークMINO内)
お問い合わせ先E-mail museum.1@cpm-gifu.jp  Tel. 0572283100
本展は3つのテーマ展示によって構成し、岐阜県現代陶芸美術館のコレクションを多角的に展覧します。

「北欧の陶芸」
「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展と同時開催される本展では、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドにおける陶芸および陶磁器デザインの歩みを概観します。北欧諸国は歴史的にも地理的にも相互に強い影響関係にありますが、陶芸発展の変遷は様々です。早くから王立窯を有し、19世紀末には個人作家が誕生したデンマーク。製陶所を拠点に個人作家が活躍することで、質の高い日用品を生み出したスウェーデン。後発ながら、20世紀半ばには個性的な作家を数多く輩出したノルウェー。製陶所が個人作家の活動を庇護したことで、芸術品と日用品双方において高い評価を得たフィンランド。19世紀末および 20世紀半ばに世界を席巻した「北欧の陶芸」を当館所蔵作品よりお楽しみいただきます。

「コレクション・ハイライト」
 当館は、美濃焼の産地として長い歴史をもつこの地に、2002年 10月開館しました。以来、「陶芸の現代」をテーマに国 内外の19世紀末以降の近現代の作品を収集しています。コレクションは、①「個人作家の陶芸作品」、②実生活のなかで用いるためのものとして、作家が手作りで廉価に少量生産する器(「実用陶磁器」)、③アール・ヌーヴォーやバウハウスなどのモダンデザインの系譜に連なるものや世界の名窯など、量産を想定しながらデザイン性や芸術性を追求する「産業陶磁器」の3本の柱にそって収集を続けています。この展示室では、このような当館のコレクションの特徴を示す代表的な作品を紹介します。

「「国際陶磁器フェスティバル美濃」グランプリ作品展」
 世界でも有数の陶磁器産地として知られる岐阜県東濃地方では、1986年から3年に1度、「国際陶磁器フェスティバル美濃」が開催されています。そのメインの催しであるコンペティション「国際陶磁器展美濃」には、現代の創意あふれる陶磁器作品が国内外から集まります。当館ではその中から、グランプリや金賞を受賞した作品など、優れた作品を収蔵してきました。「国際陶磁器フェスティバル美濃」の第 12回を前にして、このコレクション展では、これまでのグランプリ作品を一堂に展示することによって、陶磁器の未来を提案してきた International Ceramics Festival Mino の成果を紹介します。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.