トップ > 生誕100年 國領經郎展 ー静寂なる砂の景ー
  

生誕100年 國領經郎展 ー静寂なる砂の景ー

開催期間2020年4月19日(日)~2020年6月7日(日)
休館月曜日(ただし5月4日は開館)、5月7日(木)、5月12日(火)
時間10時~17時(入館は16時30分まで)
会場茅ヶ崎市美術館
ホームページhttp://www.chigasaki-museum.jp/exhi/2020-0419-0607/
住所神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45
お問い合わせ先0467-88-1177
《風》 1981年 油彩、カンヴァス 愛知県美術館蔵
《静止の空間》 1983年 油彩、カンヴァス 横浜美術館蔵
國領經郎(1919年~ 1999年)は、砂丘や砂浜を舞台とした情感豊かな絵画作品を数多く描いたことで知られる、日本芸術院会員で日展を中心に活躍した、戦後日本を代表する洋画家のひとりです。
「むきだしの自然」と國領が語った「砂丘」は、訪れた人々の詩的感覚や人生観を揺さぶり、孤独な瞑想の時へと導いていくような、静寂さに満ちた神秘的な場所です。そのような砂丘に強く心を惹かれた國領は、鳥取県の鳥取砂丘や山形県の庄内砂丘、静岡県の中田島砂丘、そして晩年によく訪れた茅ヶ崎海浜など日本各地の砂丘地を取材し、砂のある茫漠とした風景とさまざまな人物、そして鳥たちを登場させる独特の作品世界を構築しました。
本展は、國領の生誕 100年を記念し、あらためてその画業を見つめ直そうとするもので、出身地・横浜の横浜美術館と、鳥取県立博物館、酒田市美術館が所蔵する國領作品を中心に構成する回顧展です。初期から晩年までの代表作を紹介しながら、國領が表現しようとしたもの、砂のイメージに託そうとしていたものとは何かを探ります。
新鋭作家展 第9回優秀者 遠藤夏香、木村剛士 〈ざらざらの実話〉
2020/4/4~2020/5/24

トップへ
飄々表具-杉本博司の表具表現世界-
2020/4/4~2020/6/21
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.