トップ > 廣瀬智央 地球はレモンのように青い  HIROSE Satoshi The Earth is Blue like a Lemon
  

廣瀬智央 地球はレモンのように青い  HIROSE Satoshi The Earth is Blue like a Lemon

開催期間2020年4月10日(金)~2020年6月14日(日)
休館水曜日、年末年始 ※4月29日(水)、5月6日(水)は開館  4月30日(木)、5月7日(木)は休館
時間10:00~18:00(入場は17:30まで)
会場アーツ前橋
ホームページhttp://www.artsmaebashi.jp/
住所群馬県前橋市千代田町5-1-16
お問い合わせ先E-mail artsmaebashi@city.maebashi.gunma.jp  Tel. 027-230-1144
《レモンプロジェクト03》1997年 レモン、ガラス、ステンレス、塗装、レモンオイル 作家蔵 撮影:Tadahisa Sakurai ©Satoshi Hirose
《マーレ・ロッソ》1998年 ペルシャン・ギャベ 作家蔵 撮影:Tartaruga ©Satoshi Hirose
《ビーンズコスモス(タマ)》2016年 アクリル樹脂、地図、豆、金、プラスチック、水晶、モミジバショウ 作家蔵 撮影:Kenji Takahashi ©Satoshi Hirose
《島:9年目の存在》2011₋2002年 ミクストメディア 作家蔵 撮影:Tartaruga ©Satoshi Hirose
《空のプロジェクト:遠い空、近い空》2013年 屋上看板4面、DVDループ映像 アーツ前橋コミッションワーク 撮影:木暮伸也
2020年4月10日から6月14日まで、廣瀬智央(1963-)の個展「廣瀬智央 地球はレモンのように青い」を開催します。
現在、イタリアを拠点に活動する廣瀬は、1990年代後半にそれまで美術表現の中であまり使われてこなかった嗅覚を刺激する作品《レモンプロジェクト03》で、大きな注目を集めます。その後も視覚以外の感覚に訴える作品や、異なる民族や文化間に潜む共通領域や差異、日常生活の小さな事象の豊かさに触れる作品を発表し続け、国内外で高い評価を受けています。
また近年は、病院でのワークショップや母子生活支援施設での長期プロジェクト、パブリックアートに着手するなど、社会との接点を強く意識した作品も多く制作しています。
本展では、イタリア渡航以後に発表した初期の作品から国内未発表作品、23年ぶりに日本で再制作する《レモンプロジェクト03》、さらに新作も含め、廣瀬のこれまでの活動を一挙にご紹介します。

【会  場】アーツ前橋 地下ギャラリー
【観 覧 料】一般500円/学生・65歳以上・団体(10名以上)300円/高校生以下下無料
      ※障害者手帳をお持ちの方と介護者1名および児童扶養手当証書お持ちの方は観覧無料
      ※5月10日(日)は母の日のため観覧無料
笹山直規 個展 「Still Life」
2020/4/2~2020/4/19

トップへ
髙栁麻美子 ― sunny place ―
2020/4/15~2020/5/2
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.