トップ > 森田恒友展 自然と共に生きて行かう
  

森田恒友展 自然と共に生きて行かう

開催期間2020年2月1日(土)~2020年3月22日(日)
休館休館日:月曜日(2月24日は開館)
時間10:00 ~ 17:30 (入場は17:00まで)
会場埼玉県立近代美術館
ホームページhttps://pref.spec.ed.jp/momas/2020.2.1-3.22--森田恒友展
住所埼玉県さいたま市浦和区常盤9−30−1
お問い合わせ先E-mail p240111@pref.saitama.lg.jp  Tel. 0488240111
森田恒友(1881-1933)は埼玉県熊谷市に生まれ、明治末から昭和初期にかけて活躍した画家です。はじめは洋画家として出発し、東京美術学校に入学して、先輩の青木繁から影響を受けた浪漫主義的な作品を描きました。卒業後は『東京パック』などの雑誌や新聞に挿絵や漫画を描き、美術文芸雑誌『方寸』の創刊にも携わります。1914年にヨーロッパに渡ると、セザンヌに深く傾倒して、その影響を強く受けた作品を制作しました。しかし、翌年に帰国して国内各地を旅するうちに、水墨表現が日本の風景に適していることを見出し、後半生には、柔らかな筆使いで旅先や武蔵野の自然をとらえた日本画を発表するようになりました。 
 「自然と共に生きて行かう」は、恒友自身が残した言葉です。生涯を通じて洋画と日本画の両方を手がけ、さまざまな作風を試みた恒友ですが、自然やその地に暮らす人々を静かに見つめ、共感を込めて描く制作態度は一貫していたといえるでしょう。最晩年には、自然に向き合ったときに感じる喜びや寂しさをすべて包み込むような、おおらかで澄み切った画境に達しました。
 この展覧会では、初公開を含む洋画と日本画の主要作品、および雑誌やスケッチブック、書簡、装幀本等の資料を交えた約250点によって、初期から晩年にいたるまでの森田恒友の足跡をたどり、その魅力をご紹介していきます。
松木宏祐写真展「ニュー・ホーム・スイート・タウン」
2020/3/7~2020/3/15

トップへ
遠崎高平 TOKYO×BLACK
2020/3/23~2020/3/29
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.