トップ > 婦人画報創刊115周年記念特別展 婦人画報と京都 つなぎ、つたえる「人」と「家」
  

婦人画報創刊115周年記念特別展 婦人画報と京都 つなぎ、つたえる「人」と「家」

開催期間2020年1月2日(木)~2020年1月20日(月)
休館会期中無休
時間午前10時~午後8時(入館締切 閉館30分前)※但し、1月2日(木)は午前9時30分開館。百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
会場美術館「えき」KYOTO
ホームページhttp://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_2001.html
住所京都府京都市下京区烏丸通塩小路下るジェイアール京都伊勢丹7階
お問い合わせ先075-352-1111
明治38(1905)年より115年の間、戦時中も一度も休刊することなく発行されてきた「婦人画報」。
創刊以来、「婦人画報」がとりわけ大切にし、誌面でご紹介し続けてきたのが、茶道、華道、工芸、芸能などの「美しい日本」を受け継ぎ、伝え続けてきた、京都の「人」と「家」です。
本展では、京都の13家より、その「人」が手掛けた作品や、「家」に伝わる宝物など、約80点を当時の取材記事と共に展示します。また、美術館エントランスでは、代表的な歴代の表紙をご紹介します。
アール・ヌヴォー調、日本画風、大正モダンの愛らしい絵、やがて大家となる画家の若かりし頃の作品、大女優の艶やかなポートレートなど、懐かしい表紙をお楽しみいただけます。

<出展>
池坊家(華道)、石田家(ガラス工芸)、伊東家(有職御人形司)、井上家(京舞井上流)、上村家(日本画)、江里家(截金)、志村家(染織)、千家(茶道裏千家)、徳岡家(京都𠮷兆)、中村家(塗師)、森口家(友禅)、樂家(樂焼窯元)、冷泉家(冷泉流歌道) 以上13家(五十音順) ※特別展示:瀬戸内寂聴(作家)

【入館料(税込)】
一般      900円(700円)
高・大学生 700円(500円)
小・中学生 500円(300円)
※( )内は前売および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者さま1名さまの料金。

【イベント情報】
●お正月にふさわしい池坊の立花が会場入口でお出迎えいたします。 ※池坊専好次期家元監修
開催期間:2020年1月2日(木)~5日(日)の4日間のみ

●ギャラリー・トーク
会場:美術館「えき」KYOTO/各日午後2時から(約30分)
①1月11日(土) 冷泉貴実子氏(冷泉家当主夫人)
②1月12日(日) 伊東久重氏(有職御人形司)
※マイクを使用し、各家出品作品の解説をいたします。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.