トップ > 文人趣味と煎茶-こだわりの遊び- 木村定三コレクション
  

文人趣味と煎茶-こだわりの遊び- 木村定三コレクション

開催期間2020年1月11日(土)~2020年3月22日(日)
休館毎週月曜日(ただし1月13日(月・祝)、2月24日(月・休)は開館、1月14日(火)、2月25日(火)は休館)
会場愛知県陶磁美術館
ホームページhttps://www.pref.aichi.jp/touji/exhibition/2019/t_bunjin/index.html
住所愛知県瀬戸市南山口町234番地
お問い合わせ先E-mail masako_sakuma@pref.aichi.lg.jp  Tel. 0561847474
愛知県陶磁美術館では企画展「愛知県美術館所蔵 木村定三コレクションの文人趣味と煎茶
―こだわりの遊び―」を開催します。
本展では、木村定三氏の初期の蒐集テーマの一つと考えられる「文人趣味と煎茶」を取り上げます。
江戸時代中期から明治、大正時代に流行した文人趣味の書画、文房具を始め、陶磁器や漆器、金属器などの煎茶道具を紹介します。

【展覧会のみどころ】
◆“熊谷守一を見いだした男”、木村定三氏こだわりのコレクション!
 弱冠25歳の時に、58歳の熊谷守一を見いだしコレクターとなった木村定三氏。あらゆる分野の美術コレクション3307件が、これまでに本人及び御遺族から愛知県美術館に寄贈されました。本展は、木村定三氏の文人趣味と煎茶に関わる作品137件を紹介します。

◆「そもそも文人趣味とは?」「煎茶とは?」を、わかりやすく紹介!
 文人趣味とは、中国絵画や漢詩などをベースに「風流」を感じさせる趣味で、絵画(南画)や文房具、煎茶道具などにみられます。中国由来の文人趣味は、江戸時代中期から日本で大流行しましたが、「実はこんな由来があった」、と思わせる中国古典の物語や詩と関わっています。知ると楽しい「文人趣味」や「煎茶」の話についても、わかりやすく紹介します。


トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.