トップ > 「私たち:山下和也」展
  

「私たち:山下和也」展

開催期間2019年12月13日(金)~2019年12月19日(木)
休館月曜休廊
時間11:00-19:00 *金曜日のみ20:00まで
会場Gallery PARC
ホームページhttp://www.galleryparc.com/exhibition/exhibition_2019/2019_12_13_yamashita.html
住所京都府〒604-8165 京都府 京都市 中京区 烏帽子屋町 502 2F〜4F
お問い合わせ先E-mail info@galleryparc.com  Tel. 075-231-0706
広報用画像
《寒山拾得》 2013年  松煙墨、油煙墨、竹紙(老灰紙)
See Saw Seas Effect “Moi Moi Konnichiwa” 展示風景 2018年 (Titanik gallery/フィンランド)
【展覧会概要】
 Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2019年12月13日(金)から12月29日(日)まで、山下和也による個展 「私たち:behind ourperspective」を開催いたします。

 日本画家であり、東洋絵画修理技術者(国宝修理装こう師連盟外部技術登録者)として活動する山下和也(やました・かずや/1978年・大阪生まれ)は、2003年に京都嵯峨芸術大学付属文化研究所研究生を修了後、日本・中国の古典絵画の模写と文化財修復で培った技術と経験をベースに、日本の歴史や文化、思想を顧みながら、伝統芸術と現代芸術を捉えなおすことを主眼に作品を制作しています。近年は特に水墨表現に着目し、目には見えない「気配」のようなものを、淡墨とほんの僅かな筆致、余白によって表現する罔両画(もうりょうが)に取り組んでいます。
 
山下の罔両画による作品を中心に構成される本展では、ロラン・バルト、フィオナ・タン、森鴎外、土方巽などから引用された「テキスト」をもうひとつの重要な構成要素として扱います。作品とテキストが、鑑賞者によって直線的・平面的な関係のみならず、立体的な関係性へと展開することを企図して構成されています。
 
繊細な濃淡やかすかな筆致によって描かれる山下の罔両画は鑑賞者の身体や記憶・経験によって異なる景色をうつしだすものであり、「絵」は線と鑑賞者の狭間に存在するものであるともいえます。そうして作品と鑑賞者によってつくられたパースペクティブ(空間、視座)を、鑑賞者自らが泳ぎ・漂うような体験をしていただければと願っています。

【関連イベント】
 アーティスト・トーク
 12月21日[土] 16:00〜17:30
 予約不要・入場無料
 [出演]山下和也 聞き手:はがみちこ(アート・メディエーター)
 

【出品作家】
 山下 和也 Yamashita Kazuya
  http://kazuyayamashita.com

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.