トップ > 浪崎文彰 ライムアートの世界
  

浪崎文彰 ライムアートの世界

開催期間2019年11月23日(土)~2020年1月26日(日)
休館月曜
時間9:30~17:00
会場新見美術館
ホームページhttp://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/index.html
住所岡山県新見市西方361
お問い合わせ先0867-72-7851
“浪崎文彰 ライムアートの世界” 展開催のご案内をさせて頂きます。

今回の特別企画展は国内外初となるライムアート全作品の展覧会です。
期間は11月23日 から来年1月26日の約2か月間、石灰の町、岡山県新見市の新見美術館にて開催されます。

日頃、“自然との共生”をテーマに、建築家として住宅設計に取り組む中で、建築空間の壁や天井に新しい左官表現を取り入れ、日常の暮らしの中に“自然の豊かさ”を表現してきました。そして、建築材料ではポピュラーな石灰に、アートとしての可能性を感じ、上質で大理石のような優美な質感に魅了されていきました。
石灰に取り組む中で、今までになく繊細で多彩な表現を可能にさせる為、新たに“型押し装飾技法”を考案し、“ライムアート”を誕生させました。

ライムアートは、型押しによる石灰の凹みに染色した石灰を伏せ込み磨きだすといった、独自の型押し装飾技法を用い、空気中の二酸化炭素を吸収しながら硬化していく石灰の特性によって、表面にカルサイトという硬質なガラス質の結晶が形成されることで、壁画や大理石を思わせる独特なマティエールを呈します。

2004年に、初めて美術界に発表され、壁画や大理石を思わせる重厚感のある質感で、美術界に新風をもたらしました。 2006年の“新美展”(新生美術会)で内閣総理大臣賞を、2012年には文部科学大臣賞を、そして2018年にはグランプリの新美大賞を受賞するなど、数々の賞を受賞しました
 
新見美術館:https://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/index.html
“ライムアートの世界”展:https://kensyoo.exblog.jp/28679863/
ライムアートギャラリー:http://home.u02.itscom.net/kensyo/frameinfo.htm
イマジナリーフレンズ  藤田 有紀 不思議な金属のいきもの展
2019/11/27~2019/12/3

トップへ
小沢裕子アーティスト・トーク「言葉の乗り物たちの集会」
2019/11/23~2019/11/23
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.