トップ > 小沢裕子アーティスト・トーク「言葉の乗り物たちの集会」
  

小沢裕子アーティスト・トーク「言葉の乗り物たちの集会」

開催期間2019年11月23日(土)~2019年11月23日(土)
時間14:00-16:00
会場アートエリアB1
ホームページhttp://artarea-b1.jp/archive/2019/11231498.php
住所大阪府大阪市北区中之島1-1-1 京阪電車なにわ橋駅地下1階コンコース内
お問い合わせ先E-mail mail@artarea-b1.jp  Tel. 06-6226-4006
小沢裕子《SPEAKERS 言葉の乗り物になった私たちが、そのとき身体で目撃すること》2018/撮影:佐藤 基/画像提供:トーキョーアーツアンドスペース
映画の字幕、文字の形や言葉の音と意味など...アーティストの小沢裕子は、これらの間にズレを生じさせる手法によって、自明と思われている意識のありようを問いかけます。アートエリアB1で現在開催中(〜12/29)の企画展「鉄道芸術祭vol.9 都市の身体」では、小沢が大阪の在留外国人が多く住むエリアや、文楽・浪曲といった語りにまつわるリサーチを行い、それらをもとにした新作映像作品を発表しています。今回のトークでは、出展作品はもとより小沢作品に通底する「言葉の乗り物」という独自のキーワードを手がかりに、自分や他人の意識とは何なのかなどについて、作品出演者や会場のみなさんとともに思考を巡らせます。

小沢裕子アーティスト・トーク
「言葉の乗り物たちの集会」
日時:11月23日[土・祝]14:00-16:00
会場:京阪電車なにわ橋駅「アートエリアB1」
料金:参加無料(定員40名程、当日先着順、申込不要)
ゲスト:小沢裕子(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
    展示作品出演の日本語教師、外国人の方々
進行:木ノ下智恵子、久保田テツ、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)
web:http://artarea-b1.jp/archive/2019/11231498.php

鉄道芸術祭vol.9とは...
[展覧会]鉄道芸術祭vol.9「都市の身体 ~外から眺める私たちの輪郭、遠くから聞こえてくる私の声~」
鉄道の創造性に着目した企画展「鉄道芸術祭」。vol.9では、都市と身体の関係性に着目しています。本展では、国内外の3組のアーティストが、今日の都市の状況と都市生活者のさまざまなふるまい、それを生み出す身体を独自の視点で捉え直し、作品を創作します。 "都市の身体" にまつわる世界の内と外からの考察に基づいた表現を通じて、 姿なき都市の輪郭をイメージし、 他者や自らの声に耳をすませることで、 この国や異国の地、 都市部や地方を行き交う人間の身体知について感じ、 考える機会となれば幸いです。webページ:http://artarea-b1.jp/archive/2019/12291481.php
浪崎文彰 ライムアートの世界
2019/11/23~2020/1/26

トップへ
武田晋一アーティスト・トーク「アーティストと雑草学者のみちくさ談義」
2019/12/7~2019/12/7
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.