トップ > とびらプロジェクト オープン・レクチャーvol.10「モノのための美術館?人のための美術館? ―コミュニケーションと建築のいい関係」
  

とびらプロジェクト オープン・レクチャーvol.10「モノのための美術館?人のための美術館? ―コミュニケーションと建築のいい関係」

開催期間2019年11月23日(土)~2019年11月23日(土)
時間14:00〜16:30(13:30開場)
会場東京都美術館 講堂
ホームページhttps://tobira-project.info/openlecture10
住所東京都台東区上野公園8-36
お問い合わせ先p-tobira@tobira-project.info
「とびらプロジェクト」では、美術館をはじめとした文化施設の社会的役割に注目し、さまざまな活動に取り組んできました。この活動から生まれた関心や私たちが目指す社会の姿について、広く一般の方々と考える機会を設けたいと考え、毎年「とびらプロジェクト オープン・レクチャー」を開催しています。
第10回となる今回は「モノのための美術館?人のための美術館? ―コミュニケーションと建築のいい関係」と題し、二人の建築家の視点を交えながら、次世代の美術館のあり方について考えます。ゲストのお二人は、文化施設の設計・計画を数多く手がける藤原徹平氏と、建築計画に留まらず様々な表現分野とのコラボレーションを重ねる佐藤慎也氏です。
多様化する社会と共鳴しながら、そのあり方を問い続ける美術館。多様な文化や人々が関わり合い、豊かなコミュニケーションが生まれるために、建築空間はどのように作用しているのでしょうか。登壇者とともに、次世代の美術館の建築とコミュニケーションのいい関係について考えを深めていきます。

▶詳細・お申し込み https://tobira-project.info/openlecture10

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
日時|2019年11月23日(土・祝)14:00〜16:30(13:30開場)
会場|東京都美術館 講堂
定員|220名(事前申し込み制・先着順 ※定員になり次第締め切ります。)
参加費|無料
登壇者|
佐藤慎也(建築家、日本大学理工学部建築学科教授)
藤原徹平(建築家、フジワラテッペイアーキテクツラボ主宰、横浜国立大学大学院Y-GSA准教授)
稲庭彩和子(東京都美術館学芸員 アート・コミュニケーション係長、とびらプロジェクト/Museum Start あいうえのプロジェクトマネージャ)
伊藤達矢(東京藝術大学美術学部特任准教授、とびらプロジェクト/Museum Start あいうえの プロジェクトマネージャ)
その他|手話通訳、UDトークによる文字表示支援あり
申込方法|とびらプロジェクトウェブサイトより、申込フォームにて必要事項を入力の上、お申し込みください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

▶詳細・お申し込み https://tobira-project.info/openlecture10
須藤美保・杉本弘子 作品展
2019/11/16~2019/11/29

トップへ
布でつなぐ、友情をつなぐ ― 崔ヒジュと19人のポジャギグループ展
2019/11/15~2019/11/19
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.