トップ > Alive for the end of the start
  

Alive for the end of the start

開催期間2019年11月21日(木)~2019年11月26日(火)
休館会期中無休
時間12:00〜20:00 (最終日 〜17:00)
会場GALLERY 2511
ホームページhttp://gallery.2511.jp
住所東京都千代田区西神田2-5-11
お問い合わせ先assist@2511.jp
小谷野貴弘
Takahiro Koyano -
“Alive for the end of the start“
supported by Ex-pro

個展題名 Alive for the end of the start
作家 小谷野貴弘 Takahiro Koyano
会期 2019年11月21日(木)〜 11月26日(火) 12:00〜20:00(最終日〜17:00)
製作関係者 小谷野 貴弘、大森 陽、Bryan(KOH BOON CHIN)
協賛 Ex-pro
会場 GALLERY 2511

一つがおわり、次のひとつがはじまるその間にあるものとはなんなのだろう。
定められた運命とはなんなのだろう。 今この瞬間の出来事は、今日朝起きた時に、自分が生まれた時に、この世界が生まれた時にはもうすでに始まっていたかもしれない。もしかすると、そのずっとずっと前から。しかしこの瞬間は、ものすごい速度で情報を保全するものたち(過去)とそれに反逆してゆくものたち(未来)に区切られてしまう。その移り変わる様子を体験することは果たしてできるのだろうか。今この瞬間にも様々なおわりとはじまりが続いているかもしれない。

未来からくる、物語と意味を持たないモンタージュ映像と、リアルタイムに解析され集積する過去の様子をマルチプロジェクションによって投影し、EX-proとの協賛により実現したサウンドによって、未来から送られ過去へ集積してゆくその瞬間を音によって経験される「Alive」。
日本だけでなくアイスランドでBjorkのバックバンドでも活躍をするカルテットグループ、 Siggi String Quartetの映像を制作し、国際的にも活動をしている若きサウンドアーティスト、小谷野貴弘による初個展。
30th - Miracle vol.4|田中朝子 Asako Tanaka: blanc
2019/11/2~2019/11/30

トップへ
石原貫也 写真雲龍展 龍神 美の舞を貴方に
2019/11/1~2019/12/1
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.