トップ > 梶浦 徳雄 個展 「− ma (間) −」
  

梶浦 徳雄 個展 「− ma (間) −」

開催期間2019年12月6日(金)~2019年12月15日(日)
時間11:00~20:00
会場Room_412
ホームページhttp://room412.jp
住所東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室
お問い合わせ先E-mail info@room412.jp  Tel. 05053198428
ma-赤い空間-(2019)
ma-空間の構造-(2018)
ma-空間の構造・赤-(2019)
梶浦徳雄による造形作品展

− ma (間) −
この言葉を私達日本人はごく一般的、日常的に用いています。同時に重要な意味を持つ特別なものとしても意識しています。日常の中で私達は物事の状態、内容について、またその善し悪しについて度々この言葉を用いて表現しています。その意味、内容は常に一定のものではなく状況、状態により様々に異なっています。最も単純な意味としては物と物や時と時などの隔たりがあります。そしてその要素、状態、構造指し示し、更にそれらの関係及びそれらを総括した意味をも持ってきます。
この言葉は単一の意味として用いられることもありますが多くの場合複数の意味、内容をその中に含んでいます。そして物、事を表す言葉として用いられるのですが、それは物、事を直接指し示すものではなくそれを取り巻く環境や周辺の状況、状態、要素更にそれらの関係を表します。
私達は事物を的確に表現し得る有効なものの一つとしてこの言葉を用いています。それは事物の独自性つまり個性、特性が個そのものだけでなくそれと同等もしくはそれ以上に外的な状況、その内容との関係によって決定されていると考えられていることを意味しています。つまりあらゆる事象は固定した独自性(個性)を持つものではなく置かれた状況、互いの関係の中で色々な可能性を持ちうる一般的存在といえます。私達が知覚、認識している事象の姿は一般的存在のある一時の姿です。それを決定している要素、関係の総称が“ma”です。
石原貫也 写真雲龍展 龍神 美の舞を貴方に
2019/11/1~2019/12/1

トップへ
齋藤 周 個展「深くに向かう」
2019/11/25~2019/12/7
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.