トップ > 第4回 金沢・世界工芸トリエンナーレ
  

第4回 金沢・世界工芸トリエンナーレ

開催期間2019年11月10日(日)~2019年11月21日(木)
休館会期中無休
時間10:00-18:00
会場金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA・B
ホームページhttps://kanazawa-kogeitriennale.com/
住所石川県金沢市広坂1-2-1
お問い合わせ先contact@kanazawa-kogeitriennale.com
大賞 菅野有紀子 《deep river》2018年 photo: OKAMURA Kichiro
優秀賞 青木千絵 《BODY19-1 孤独の身体》2019年 photo: IKEDA Hiraku
宮永愛子 《waiting for awakening – chair》 2012年 金沢21世紀美術館蔵 © MIYANAGA Aiko photo: TOYONAGA Seiji courtesy of Mizuma Art Gallery
「第4回金沢・世界工芸トリエンナーレ」は「越境する工芸」をテーマに、公募展と企画展で構成されます。公募展では、時代とともに変化し拡がる工芸芸術を世界的視野でとらえ、表現力豊かな新しい工芸作品を紹介します。企画展では、工芸を従来の枠組みから解放して、より広い視野でとらえます。工芸の技術的な精緻さだけを追い求めるのではなく、何よりも同時代をどのように観察し、表現に結びつけるのか。素材も考え方も多様な価値観による作品を一堂にご紹介します。

企画展『越境する工芸』
参加作家:石塚源太, アニッシュ・カプーア, マリア・コシェンコバ, 満田晴穂, 宮永愛子, ハリー・モーガン, グレイソン・ペリー, 阮文盟, 西條茜, 徂徠友香子, 髙田安規子・政子, 高樋一人, 照屋勇賢, 碓井ゆい

公募展『2019金沢・世界工芸コンペティション』
大賞:菅野有紀子
優秀賞:青木千絵
奨励賞:畑石修嗣
審査員特別賞:藤掛幸智, 廖勝文, 中田真裕, 大槻洋介, 歐立婷, 手塚まゆみ
入選:65名・組
(計:74作品)
奥田恭子 個展 phase transition
2019/12/1~2019/12/7

トップへ
オープン・スタジオ 2019-2020/ 11月
2019/11/15~2019/11/17
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.