トップ > 「Without Fig Leaf, Clothing Was Not Born. ー もしもあの時、イチヂクの葉がなければ服は生まれなかった。」
  

「Without Fig Leaf, Clothing Was Not Born. ー もしもあの時、イチヂクの葉がなければ服は生まれなかった。」

開催期間2019年10月18日(金)~2019年10月27日(日)
時間11:00〜20:00
会場VIA BUS STOP MUSEUM
ホームページhttp://designart.jp/designarttokyo2019/exhibitor/via-bus-stop-museum/
住所東京都東京都渋谷区猿楽町28-14
お問い合わせ先0354591567
アートディレクター 瀧亜沙子によるインスタレーション作品
「Without Fig Leaf, Clothing Was Not Born. ー もしもあの時、イチヂクの葉がなければ服は生まれなかった。」の特別展示が、開催される。

日本最大規模のデザイン&アートの祭典「DESIGNART TOKYO 2019」の公式プログラムとして、
開催期間となる2019年10月18日(金)から10月27日(日)まで10日間、
ハイエンドインポートブランドをセレクトする「VIA BUS STOP MUSEUM(代官山)」と空間コラボレーションをした展示が行われる。

この作品は ”髪の毛”を用いて、 裸の不完全さを補うものを新たに作り出すことで、
今いる世界とは違う 「毛髪主義」 世界の可能性を探る。過去の現象がひとつでも違えば、違う未来になる。
些細な現象から広がるパラレルワールドを表現する。

展示では、同展のために制作された、高さ3mの大型インスタレーション作品ほか、映像作品、受注生産制のシナリオブックなどが展示される。

また、DESIGNART TOKYO 2019 オープニングイベント「PechaKucha Night Special」にて、
作品プレゼンテーションをするゲストクリエーターとして登壇が決定。

----------

【 「Without Fig Leaf, Clothing Was Not Born. ー もしもあの時、イチヂクの葉がなければ服は生まれなかった。」 】

DATE :
2019年10月18日(金)- 10月27日(日) 11:00-20:00

PLACE :
VIA BUS STOP MUSEUM
〒150-0003 東京都渋谷区猿楽町28-14
TEL 03(5459)1567

----------

【 「PechaKucha Night Special」 】
2003年に、クラインダイサムアーキテクツのAstrid KleinとMark Dytahamによって考案され、
現在では世界1200都市で開催されているゲストクリエーターによるプレゼンテーションイベント

DATE:
2019年10月18日(金)
21:00 OPEN 22:00 START

PLACE:
PLUSTOKYO(キラリトギンザ 12F)
〒104-0061 東京都都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ 12F RF

----------


ASAKO TAKI 瀧亜沙子
1991年生まれ。アートディレクターとして、広告、CI/VI、パッケージデザイン、ミュージックビデオ、ブックデザイン、サイン計画、UI/UXデザイン等を手がける。
主な仕事に、テトリスリブランディングプロジェクト、日清カップヌードル47周年記念パッケージデザイン、中部国際空港施設ロゴデザインなど。
第85回 毎日広告デザイン賞 優秀賞受賞。2014年東京藝術大学デザイン科卒業後、電通入社。2017年から電通とnendoの合弁会社cacdoに出向中。
@asako_taki
https://www.instagram.com/asako_taki/

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.