トップ > 【岡山芸術交流2019パブリックプログラム】大原美術館現代アートツアー ~有隣荘特別公開「下道基行 漂泊之碑」、ARKO2019黒宮奈菜、分館を巡る
  

【岡山芸術交流2019パブリックプログラム】大原美術館現代アートツアー ~有隣荘特別公開「下道基行 漂泊之碑」、ARKO2019黒宮奈菜、分館を巡る

開催期間2019年10月19日(土)~2019年10月19日(土)
時間16:30~19:00(15:00~受付)
会場大原美術館
ホームページhttps://www.okayamaartsummit.jp/2019/event/820/
住所岡山県倉敷市中央1丁目1-15
お問い合わせ先E-mail pp@okayamaartsummit.jp  Tel. 086-221-0033
1930(昭和5)年に開館し、多様な所蔵品が展示されている大原美術館。その中でも現代アートに焦点をあて、大原家旧別邸有隣荘で開催されている下道基行展「漂泊之碑」やレジデンスプログラムARKO(Artist in Residence Kurashiki, Ohara)の作品などを、美術館閉館後にスペシャルガイドとともに巡ります。

【概要】
〈ツアーガイド〉
下道基行(岡山芸術交流2016参加作家)
柳沢秀行(大原美術館 学芸課長)

日時:10月19日(土)16:30~19:00 ツアー(15:00~受付)
場所:大原美術館(倉敷市中央1丁目1-15)※JR倉敷駅より徒歩15分
受付・集合場所:大原美術館 入館券売場(本館前)
定員:20名程度
応募資格:高校生以上もしくは満16歳以上の方
参加費:2800円(大原美術館チケット及び岡山芸術交流2019鑑賞券付)※現地への交通費は各自で負担
協力:公益財団法人大原美術館

※本ツアーでは、大原美術館で現在活躍中のアーティストに関わる展示のみご案内します。

++++
受付後、ツアー開始までの時間で是非、大原美術館本館、分館、工芸・東洋館の展示をお楽しみください。また、美観地区界隈では、約25軒の町家で屏風や各家の家宝の品々が飾られる「倉敷屏風祭」が開催されています。こちらも合わせてお楽しみください。

お申し込みはこちら↓
https://forms.gle/qQLkU9ajbgXn89qU8


岡山芸術交流2019パブリックプログラムとは?
「岡山芸術交流」が地域に開かれ、根ざし、持続・発展していくための“人や場所の発掘と関係性の構築”、“文化資産の活用と発信”を目的としたプログラム。2016年に築いた人や場所との関係を深化・発展するとともに、岡山内外の人・場所・文化資産の3つのポテンシャルを活かし、それぞれとの連携・協働プログラムを開発します。



【お問合せ】
岡山芸術交流実行委員会事務局
〒700-0823 岡山市北区丸の内2丁目1-1
TEL:086-221-0033 FAX:086-221-0031
MAIL:pp@okayamaartsummit.jp

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.