トップ > 西洋近代美術にみる 神話の世界
  

西洋近代美術にみる 神話の世界

開催期間2019年10月18日(金)~2019年11月17日(日)
休館会期中無休
時間10:00~20:00 入館締切:閉館30分前 ※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
会場美術館「えき」KYOTO(京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
ホームページhttp://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/
住所京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町ジェイアール京都伊勢丹
お問い合わせ先075-352-1111
人々はなぜ、神話の世界に魅了されるのでしょう。
ギリシャ・ローマ神話は、ルネサンス期以降、古典を教養としていた宮廷人や君主たちに愛され、宮殿や邸宅を飾る美術品の主題として人気を誇りました。市民階級が主役となる近代の社会とその芸術においても、時代の新しい息吹を吹き込まれながら生きつづけます。
18世紀後半からは遺跡発掘の成果によって古代ギリシャ・ローマの偉大さが再認識され、考古学的興味の基に古典主題を表現する作品が数多く制作されました。19世紀の美術アカデミーやサロンでは歴史や聖書と並んで最も正統な主題の一つとされ、前衛美術が興隆する19世紀末以降もインスピレーションの源として多くの作家を魅了します。
本展覧会では、18世紀半ばから20世紀にかけての作家を取り上げ、ギリシャ・ローマ神話や古典古代を主題とする作品を展覧します。コロー、ロダン、ルノワール、ローランサン、ピカソ、デルヴォーなどの、神々や神話的な情景を表した絵画、彫刻、版画の数々をご覧ください。

【入館料(税込)】
一般 1,000円(800円)
高・大学生 800円(600円)
小・中学生 600円(400円)
※( )内は前売および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者さま1名さまの料金。

前売販売期間:2019年9月14日(土)~10月17日(木)
お求めは、当館チケット窓口(休館日を除く)、京都駅ビルインフォメーション、チケットぴあ(Pコード769-890)、ローソンチケット(Lコード55426)など。

【イベント情報】
●ギャラリー・トーク
会場:美術館「えき」KYOTO ※各回約30分
開催日時:11月3日(日・祝)①午前11時30分から②午後2時30分から
佐藤聖子氏(群馬県立近代美術館 学芸員)

※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。
画家タジの世界展 2019
2019/11/21~2019/11/26

トップへ
オリジナルカレンダー&カード展
2019/11/26~2019/12/1
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.