トップ > ひととひと主催 with meeting♯2 ジェンダーとアート、表現の自由について
  

ひととひと主催 with meeting♯2 ジェンダーとアート、表現の自由について

開催期間2019年10月25日(金)~2019年10月25日(金)
時間19:00〜21:00
会場武蔵野プレイス4Fフォーラム区分B
ホームページhttps://note.mu/htoh/n/ne639df251142
住所東京都武蔵野市境南町2-3-18
お問い合わせ先E-mail ningendearu@gmail.com  Tel. 09022493882
with meetingイメージ画像
with meeting♯2告知画像
開催概要
日時:2019年10月25日(金)19時~21時参加費:2000円
会場:武蔵野プレイス 4F フォーラム区分B
会場住所:東京都武蔵野市境南町2-3-18 最寄り駅:武蔵境テーマ:「ジェンダーとアート、表現の自由について」      講演後、フリートークの時間で講師、参加者とともにジェンダーとアートのこれからについて考えます。
定員:34名(申込順)
ゲスト:嶋田美子(アーティスト)
申し込み方法:下記申し込みフォームにて申し込み https://forms.gle/rMTKCJjq9d7pCxC9A

ゲスト
嶋田美子(アーティスト)アーティスト、フェミニスト、60−70年代オルタナティブ文化研究。1959年東京、立川に生まれる。現在南房総在住。1982年米国スクリップス大学卒。2015年、英国キングストン大学より博士号(美術史)取得。作品テーマは第二次世界大戦の文化的記憶とジェンダー 。作品は、2019年あいちトリエンナーレ「表現の不自由展、その後」、MQウィーン「Japan Unlimited」展、2017年ソウル市美術館「AsianDivas」展、2015年テルアビブでの「BeyondHiroshima」展はじめ、国内外で展示されている。2017年より東京大学教育学部非常勤講師として戦後日本の美術、政治、フェミニズムについて講義。

講演内容
第2回目のwith meetingは、アーティストの嶋田美子氏を迎え「ジェンダーとアート、表現の自由について」をテーマに行います。ジェンダーにまつわる問題は、日本の社会が抱える未解決の問題といえます。例えばそれは、今年のあいちトリエンナーレにおける「平和の少女像」議論の焦点のズレや、美術業界でのジェンダー・ギャップなどが当てはまるでしょう。このような前時代的な問題が解決されていない理由とは一体、どこにあるのでしょうか。
こうした「見えないことにされている」問題を明らかにしようとするとき、求められる思想やその実践とは、どのようなものなのでしょうか。今回のwith meeting#2は、戦時性暴力や、女性の苦難の歴史、そして自由と権力に関する問題を扱ってきたアーティスト嶋田美子氏をゲスト講師に迎え、嶋田氏のアーティストとしての実践を伺います。講演後にはフリートークの時間を設け、参加者の皆さんとともに“これから”の可能性について考える場にしたいと思います。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.