トップ > 有本健司展 「What is Nature?」
  

有本健司展 「What is Nature?」

開催期間2019年10月11日(金)~2019年10月30日(水)
休館月曜日
時間14:30〜19:00 ※10月11日(金)のみ16:00〜20:00
会場梅屋あートスペース(企画:Gallery G-77)
ホームページhttp://www.g77gallery.com/events
住所京都府京都府京都市中京区中之町73-3 梅屋ビル1F
お問い合わせ先E-mail info.g77gallery@gmail.com  Tel. 090-9419-2326
「Wind-power generation」 acrylic on canvas 1455x1120mm (2019)
有本健司展
「What is Nature?」
日時:2019年10月11日(金)〜10月30日(水) 14:30〜19:00 月曜休み
※10月11日(金)のみ16:00〜20:00
オープニングレセプション 10月11日(金)16:00〜20:00

会場: 梅屋アートスペース 
〒604-0086 京都府京都市中京区中之町73-3 梅屋ビル1F
グーグル地図 https://www.google.com/maps/place/梅屋アートスペース/@35.0170619,135.7539657,20.81z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x7aed0ead69366bc3!8m2!3d35.0169625!4d135.7540888
会場までのアクセス:地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車、丸太町通りを西へまっすぐ進み、小川通りを南へ10mほど進むと、梅屋アートスペースの看板が見えます。看板横の細路地の奥に会場がございます。駅から徒歩約8分の距離です。

企画:Gallery G-77
https://www.g77gallery.com/events

お問い合わせ:info.g77gallery@gmail.com
090-9419-2326
入場無料


さてこの度、Gallery G-77では、有本健司展「What is nature?」を開催します。
本展覧会では、有本健司による新作を展示致します。
是非ご高覧を賜りますよう、謹んでご案内申し上げます。
また、作家本人を交えましてオープニングレセプションをご覧の日時にて予定しております。
皆様お誘い合わせの上 ぜひお出かけくださいますよう心からお待ち申し上げます。

<展覧会へ寄せられた作家ステートメント>

私は山の上を削って作った住宅街に住み、過疎地域の隅にあるバイパス沿いの、森の中のアトリエに通い制作している。

日本がバブル経済にわいた時代にベッドタウンとして、都市に通勤する人々が住むまちとして作られた。

地域の文化とは切り離されて、歴史のない2x4構造の住宅が並ぶまち。
ニュータウンの外側に行くと元々の山があり、野生動物もいる。コンクリートによって分断された自然と人工の境界がある。



自然とは何か

個人の認識が無意識に作用し、周囲の状態を決定している。

木々に囲まれている自然を不自然に感じ、ビルに囲まれる人工物を自然に感じる。


自然への認識は生活環境に左右される。

赤ん坊は自我の無いころから、場所の解釈を経験し、特異な状況をうけいれる。
AI、VR、インターネット、拡張し続ける現在の自然を疑いもなくうけいれる。


人間は、生物のヒエラルキーから逸脱し、鹿を神にも害獣にもできるように、想いのままにどこにでも身を移せるようになった。

人間のヒエラルキーをもつくり、摩擦を起こす。

場所や気温、湿度、天候、140文字の文章、CM、映画、本、時間、睡眠、集落、歴史、、、、些細なことで転がる認識は千差万別で矛盾したまま進む。


力を恐れ過剰防衛し戦争が起きるように。

人は自然を恐れ、自然は人を恐れ、恐怖が交差し防御は攻撃に変わっていく。

両義性を持つ人間の強さと弱さによって動く様々。


この曖昧なものについて考えている。



” Don't talk like one of them you're not, even if you'd like to be. To them you're a freak like me... they just need you right now. But as soon as they don't, they'll cast you out like leper. Their morals, their code... it's a bad joke. Dropped at the first sign of trouble. They're only as good as the world allows them to be. ”


「あっち側にいるつもりで物を言うなよ。お前は違う、たとえそうありたいと思っていたとしてもだ。やつらから見ればアンタもオイラと同じ異常者だぜ……今は必要とされてるけど。でもすぐそうじゃなくなる。そうしたらアンタは嫌われ者だ。やつらが言うモラルだとか規律だとか…… そんなもん悪い冗談だ。困ったことが起こりそうになったら。状況によってはやつらはモラルなんて捨てちまうぜ。」



(From "The Dark Knight" / Warner Bros. Entertainment, Inc., / Film director: Christopher Nolan / Joker's lines )

特別展「ぶんきょう写真帳-時を感じる-」
2019/10/26~2019/12/8

トップへ
君のとなりにファンタジー
2019/11/22~2019/11/24
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.