トップ > ACT主催グループ展「INTRO 8 -コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展-」
  

ACT主催グループ展「INTRO 8 -コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展-」

開催期間2019年10月8日(火)~2019年10月20日(日)
休館月曜休館
時間11:00-20:00 ※最終日は18:00まで
会場The Artcomplex Center of Tokyo
ホームページhttp://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT195/intro8.html
住所東京都新宿区大京町12-9 2F
お問い合わせ先E-mail info@gallerycomplex.com  Tel. 03-3341-3253
ACT主催グループ展「INTRO 8 -コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展-」
ACT主催グループ展「INTRO 8 -コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展-」

アートコンプレックスセンターは若手作家のアーティスト活動を積極的にサポートし「アート・コミュニティ」の創造と発展を目的とし、設立致しました。アートコンプレックスセンターの「アーティストサポート」の志を元に、多くの若手作家と交流を持ち、ご支援されている山本冬彦さんに作家様の推薦をしていただき、展覧会を開催致します。

「現代アート」の出現で、日本画・洋画などのファインアートとイラスト・絵本・漫画などの商業アートのジャンルがあいまいになり垣根を越えた活動をする作家や愛好家も増えています。そんな中でアートコンプレックスセンターはその中間分野の拡大と両者の橋渡し役をする存在でもあります。今回の企画展では、そのあたりを考慮したボーダーラインの作家やジャンルを超えた作家による異業種交流会、他流試合のような推薦作家展にしたいと思っています。
山本冬彦


■会期
2019/10/8(火)-10/20(日)
11:00-20:00 ※月曜休館、最終日は18:00まで

■会場
The Artcomplex Center of Tokyo
160-0015 東京都新宿区大京町12-9 2F ACT5
TEL 03-3341-3253
E-mail info@gallerycomplex.com

■webページ
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT195/intro8.html

■出展作家
オギハラフウカ/パンダ絵師あごぱん/越智俊介/桶本理麗/黒木リン/児玉慶多/石松チ明/大島利佳/谷村虎之介/中田日菜子/板垣 匠/堀としかず

■作家紹介
オギハラフウカ | Fuka ogihara
https://www.instagram.com/ghtgi/?hl=ja

東洋的美意識、その境界の融合と探究をテーマに制作を行う。
日本画に用いられる素材の物質性と表現の可能性を求め日々筆を握っている。

1997年東京都出身
京都市立芸術大学修士課程日本画専攻在学

展示歴、活動歴
2018年
三菱商事アートゲートプログラム奨学生選出
個展「オギハラフウカ展」開催 @みうらじろうギャラリーbis/東京
2019年
ART OSAKA出品(みうらじろうギャラリー)@ホテルグランヴィア大阪/大阪

=====

パンダ絵師あごぱん | Panda painter AGOPAN
https://www.agopan.net

今回は映画のワンシーンを切り取った作品を展示させていただく予定です。
映画は、人間の夢や理想、欲望を究極まで突き詰めた限りなくリアルに近い非現実であり、観る娯楽でもあり、アートであること。
これは、私の描くパンダで表現したい事(人の目の曖昧さに気づかされる表現)に通じていると思い、作品のモチーフとして選びました。

人物の姿で描くと生々しい事象が、可愛くユーモラスなパンダの姿に変換して表現することで、
表向きの姿にだまされ易い「人の目の 不確かさ」に気付くことができるかもしれないという理由から、パンダをモチーフに作品を制作しています。

展示歴、活動歴
個展
2018
「映画のパンダ的調理法」ホワイトギャラリー(鹿児島)   
「パンダ的解釈銀幕之図」ヒロ画廊(和歌山)   
「パンダは回る」Shonandai Gallery(東京)
2017
「パンダの森」 鹿児島県立現代美術館 霧島アートの森 (鹿児島)   
「パンダは回る」ホワイトギャラリー(鹿児島)   
「当機は間も無く離陸します。」Shonandai MY Gallery(東京)
2016
「パンダ的解釈上州之図」ギャラリースペースM(群馬)   
「当機は間も無く離陸します。」ホワイトギャラリー(鹿児島)   
「神輿を担ぐ」Shonandai MY Gallery (東京)
2015
「パンダの激流」Shonandai MY Gallery (東京)

=====

越智俊介 | Ochi Shunsuke
https://nichijyouhana.wixsite.com/ochi

あるゆるものを題材に
ナンセンスなパロディを制作しています。
それぞれの作品は各々一つの物語を元に制作されており
有用性に閉ざされた社会のほころびにある
隠れ家のような機能を果たすことを期待します。

1997年 静岡県生まれ
2019年 東京芸術大学美術学部建築科 卒業

展示歴、活動歴
2017年
第35回上野の森美術館大賞展/上野の森美術館/東京
越智俊介 個展/ギャラリーSIACCA/東京
MONSTER Exhibition/渋谷ヒカリエ/東京
越智俊介イラスト展/ビアカフェBonFire/東京
2019年
KOREKARA JAPON×MONSTER展/Centro Civico Convent de Sant Augusti Borne /バルセロナ
東京芸術大学卒業制作展2019 平成芸術賞受賞/東京都美術館/東京
OCHI SHUNSUKE EXHIBITION/照恩寺/東京
MONSTER EXHIBITION NEXT EXHIBITION @ BERLIN/
Concept Gallery PAULINA’ S FRIENDS ZUFALLSLADEN/ベルリン

=====

桶本理麗 | Riri Okemoto
https://okemochi.tumblr.com/

植物や水、蛇などをモチーフとし、流転する世界観を描く。
どこか幼く親近感が沸くような情景と、壮大で奥行きのあるモチーフや手法を地続きに扱い、鑑賞者を誘い込む絵画を制作する。
水彩のにじみや油絵具特有のタッチ、また、螺鈿を用いた工芸的な仕事を同一画面上に構成することで、既存のあらゆる価値観をつなぐ表現を模索している。

北海道函館市に生まれる。
2014年 東北芸術工科大学 芸術学部美術科洋画コース 入学
2018年 東北芸術工科大学 芸術学部美術科洋画コース 卒業
山形県内で制作活動を続ける。

展示歴、活動歴
2016年 199X 5 @The Artcomplex Center of Tokyo/Tokyo
2018年 東北芸術工科大学 卒業・修了制作展 優秀賞 @東北芸術工科大学/Yamagata
2018年 SWING -SPRING2018- @常陸国出雲大社境内 ギャラリー桜林/ Ibaraki
2018年 個展『いろんな水』 @Gallery b. Tokyo/Tokyo
2019年 FACE展 2019 損保ジャパン日本興亜美術賞 審査員特別賞 @東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館/Tokyo
2019年 第6回 未来展 @日動画廊/Tokyo
2019年 第13回 ひじおりの灯 @山形県最上郡大蔵村 肘折温泉/Yamagata
2019年 個展『夢の輪郭』 @寒河江市美術館/Yamagata

=====

黒木リン | Kuroki Rin
http://blackxgiraffe.com

生き物と自分とが繋がれる『空間』を私は描きたい。
自分を「人間」という一つの生き物として考えたとき、「人間」とは違う生き方をしている生き物に強く惹かれる。
そんな生き物と自分とが繋がれる空間を、墨とつけペンを使い、和紙に描いた作品を制作しています。

1987年新潟県生まれ
現在、新潟県にて作品を制作

展示歴、活動歴
2017.11 第7回 創作表現者展/山本冬彦賞受賞
2018.02 ART SHOW フラワー展 VI/羊画廊/新潟
2018.03 受賞作家展(第7回 創作表現者展)/DORADO GALLERY/東京
2018.03 黒木リン展 ハザマの世界/ギャラリー蔵織/新潟
2018.06 REIJINSHA GALLERY`S EYE Vol.1/REIJINSHA GALLERY/東京
2019.01 黒木リン展 いつか どこかの ハザマで/REIJINSHA GALLERY/東京
2019.07 第1回ドラード芸術祭/DORADO GALLERY/東京

=====

児玉慶多 | Kodama Keita
https://www.kodamakeita.com/

ベルギー象徴主義の作家を研究。個人のアトリエで油彩の制作しています。肖像画・静物画など。

1995年 東京都生まれ
2017年 東京藝術大学油画科卒業

展示歴、活動歴
2017年/羅針盤セレクション期待の新人/アートスペース羅針盤/京橋
2018年/レスポワール新人展選抜展/銀座スルガ台画廊/銀座
2018年/CDジャケットアート展/Gallery ARK/横浜
2019年/L'espoir decade/銀座スルガ台画廊/銀座
2019年/魅惑の人物画展/Gallery ARK/横浜
2019年/アストレア展/Gallery ARK/横浜
2019年/Summer Show 2019/ギャラリーアートもりもと /銀座

=====

石松チ明 | Chiaki Ishimatsu
https://www.instagram.com/1402chiaki/

「不美人画」(顔面・内面共にぶざまな女の子を絵にする試み。油断するとすぐ美人になってしまうので気をつけています)を筆頭に、現実にあっても創作において仲間はずれにされているものにきらめきを見出すべく制作しています。
世界を少しだけ優しくするために、人がベッドに横たわることしかできない時にも見られる絵を描こうと日々身を削っています。
大事にしているのは「性死を忘れない」こと「弱さを裏切らない」こと。

不美人画家です。魚座B型、法学部出身。IAG AWARDS 2018 栗原画廊賞。
KENZAN2018 みうらじろうギャラリー賞。美術新人賞デビュー2019 入選。
アダチUKIYOE大賞 第10回記念特別賞。
ペーターズギャラリーコンペ2019 上田三根子賞・藤田知子賞。体育座りの似合う人が好きです。

展示歴、活動歴
2019年
アートのチカラ 新宿伊勢丹/新宿
個展「不美人画展3」喫茶フォルム/愛知
美術新人賞デビュー入選展 ギャラリー和田/銀座
個展「不美人画展 東京」栗原画廊/池袋
たんざく展 新宿伊勢丹/新宿
CDジャケットアート展Ⅵ パレットギャラリー/麻布十番
銀座MOGA2019 柴田悦子画廊/銀座
夏は日向を行け みうらじろうギャラリー/日本橋
私の中の村上春樹Ⅲ ギャラリー枝香庵/銀座
KENZAN2019 東京芸術劇場/池袋

=====

大島利佳 | Oshima Rika
https://www.instagram.com/rika.o.work/
https://twitter.com/txi_khg1355

日々の小さな幸せを、柔らかく、しかし怖くもある人物の表情と共に描きあげています。

1995年 埼玉県生まれ
2015年 多摩美術大学 グラフィックデザイン科 入学
2016年 東京藝術大学 デザイン科 入学

展示歴、活動歴
2016年 KENZAN2016 カジキ美術賞受賞 @玉川高島屋/二子玉川
2016年 第11回藝大アートプラザ大賞 準大賞受賞 
2017年 IAG AWARDS 2017 B-gallery賞受賞 @東京藝術劇場/池袋
2018年 美術新人賞デビュー2018グランプリ受賞
2018年 初個展 ゆめうつつ @B-gallery/池袋
2018年 たんざく展 @伊勢丹新宿本店/新宿
2019年 個展 やにわに華 @フジヰ画廊/銀座
2019年 Fantastic Five @伊勢丹新宿本店/新宿

=====

谷村虎之介 | Toranosuke Tanimura
https://www.facebook.com/StudioTora1998/

6歳より歌舞伎に興味を持ち、以来舞台鑑賞を楽しみながら、中学の頃より歌舞伎を中心に和の文化を題材とした作品を多く制作している。
最近、浮世絵を鑑賞する機会に恵まれ魅了された。
また、海の生物や花などをモチーフとして描くことも多い。
好きな物を感じたままに自由に楽しみにわくわくしながら描いている。

1998年 千葉県生まれ
2011年~2014年 中学より高校まで地元のアトリエに通う。
2015年より自宅にて活動。

展示歴、活動歴
2014年 「谷村虎之介 15歳 初めての個展」@成田ユニバーサル美術館/千葉
2014年  林原国際芸術祭‘希望の星’2014「太陽と月を描く」@三菱商事 MC FOREST/東京
     *グランプリおよび中津川浩章賞 受賞                    
2015年~17年 Get in touch "Warm Blue" MAZEKOZE Art @伊藤忠青山アートスクエア/東京
2016年~19年 瓜谷茜・谷村虎之介二人展(19年は個展)@六本木スペース・ビリオン/東京
2016年  第47回元陽展 @東京都美術館/東京 
     *入選および新人賞 受賞
2016年  文化庁主催「ここから」展 @国立新美術館/東京
2017年 「谷村虎之介 作品展」 @ギャラリー ランクスアイ/東京
2017年 「谷村虎之介展」@ガレリア・グラフィカbis/東京
     *第19回エイブル・アート・アワード「展覧会支援部門」受賞により開催
2018年  フェローアートギャラリー vol.29「谷村虎之介 展」@横浜市民ギャラリーあざみ野/神奈川
2018年  フェローアートギャラリー「谷村虎之介 展」@横浜市岩間市民プラザ/神奈川

=====

中田日菜子 | Hinako Nakata
http://hinakonakata.portfoliobox.net

自身は、ペットや小動物、雑草など、身近な動植物を題材に日本画制作を行うことが多い。
題材の選択に至った経緯は、自身が世話をしていたり、幼い頃から身近に触れ合ってきたので愛着があり、慈愛の心で描きたくなるからである。
絹や天然岩絵具、墨などを使用し、描法だけでなく、画材の選択にもこだわりを持って制作している。
伝統的な日本画の技術をとりいれながら、素材の魅力を生かした作品を目指している。

石川県金沢市出身・在住
金沢美術工芸大学修士2年生
公益財団法人佐藤国際文化育英財団 第28期奨学生
神山財団 芸術支援プログラム 第5期生

自宅で、蛇、亀、猫、ヤモリ、ウズラ、蛙、蟹を飼っている。
幼少期から生物が好きで、捕まえたり、触れ合って育ってきた。
現在、爬虫類や両生類、虫や雑草など、身近な生物を題材とし、日本画制作をしている。

展示歴、活動歴
2017年 ワンダーシード2017 入選@トーキョーワンダーサイト渋谷/東京
2018年 金沢美術工芸大学 卒業制作展(卒業制作 大学買上)@21世紀美術館/石川
2018年 グループ展装幀画展@カフェ&ギャラリーミュゼ/石川
2019年 山本冬彦選抜 若手作家東西交流展in京都@ちいさいおうち/京都

=====

板垣 匠| Itagaki Takumi

1994年、新潟県村上市出身。
2016年、日本アニメ・マンガ専門学校卒業。

2015年 個展 羊画廊/新潟 以後毎年
2018年 個展 銀座かわうそ画廊/東京
他、グループ展等。

=====

堀としかず | Toshikazu Hori
http://horitoshikazu.jimdo.com/

自分が見る日本の女性を表現した作品。広い視野、鋼のような心を持ちいつでも身を守ったり
攻撃できるように身構えてるような冷静さや知的さ女性に感じます。その姿は美しさと格好良さがあり女性のもっとも魅力的なところだと考えます。

1991年生まれ。愛媛出身。大阪在住。
主に和紙と墨を使用しモチーフを自分の世界観に落とし込み作品を表現している。
2012年京都嵯峨美術大学短期大学部イラストレーション領域卒業後、イベントや個展など活動中。
現在は活動の傍ら京都嵯峨美術大学短期大学コミックアート学科の非常勤講師も勤めている。

展示歴、活動歴
2017年
ART「Aka」ART HOUSE /大阪
「火和」日本橋三越/東京
グループ展「金魚美抄展」21世紀美術館/金沢 
2018年
下村優介×堀としかず二人展「桃源郷」阪急梅田本店/大阪
個展「愉悦とわ」新宿伊勢丹アート&フレーム/東京
下村優介×堀としかず2人展「紙々の墨処」新宿伊勢丹アート&フレーム/東京
2019年
「永無郷」Alter Gallery/上海
「堀としかず/ hori 展~イラストと絵画の狭間~」大丸心斎橋店12階美術画廊/大阪
下村優介×堀としかず2人展「すみきった世界へ」新宿伊勢丹アート&フレーム/東京


トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.