トップ > 秋季特別展 「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美」
  

秋季特別展 「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美」

開催期間2019年9月14日(土)~2019年12月15日(日)
休館毎月曜日 ※9/16,23,10/14,11/4は開館、9/17,24,10/15,11/5は休館
時間午前10時~午後5時 (入館は午後4時まで)
会場MIHO MUSEUM
ホームページhttp://miho.jp
住所滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
お問い合わせ先0748-82-3411
徳利 銘 トシワスレ 桃山時代 16-17世紀
金重 陶陽 青備前諫鼓鳥香炉 昭和13年(1938)
伊勢﨑 淳 角花生 平成20年(2008)岡山県立美術館
岡山県備前市の伊部地域を中心に生産されてきた備前焼は、釉薬を施さないシンプルで原始的な〝焼き締め〟で焼成されるやきものです。その土と炎から生み出される造形は、古くから日本人に愛されてきました。「窯変(ようへん)」「緋襷(ひだすき)」「牡丹餅(ぼたもち)」「胡麻(ごま)」「桟(さん)切(ぎり)」など窯内で生じた景色は、他窯にはない備前焼の大きな特徴です。
本展は、桃山時代から江戸時代にかけて焼造された茶の湯のうつわを中心に、さらにさかのぼる中世の作品も含めて古備前の魅力を紹介する「Ⅰ章 源流としての備前焼」、その古備前に魅せられ、写しと創作に取り組んできた重要無形文化財保持者(人間国宝)をはじめ、日本を代表する近代作家の作品を紹介する「Ⅱ章 近代の陶芸家と備前焼」、そして近代作家によって確立された備前焼像の殻を破り、新たな備前焼像を生み出そうと奮闘する現代作家の作品を紹介する「Ⅲ章 現代の備前焼」の3部から構成されます。本年2月より東京会場を皮切りに、来年9月まで2年半をかけて、奇しくも歴史ある6窯業地を巡る全7会場の巡回展となります。
伝統的な茶陶や細工物から新進気鋭の作品まで、時代を超えた備前焼の魅力と潮流、そこにこめられた陶芸家の想いを、4会場目となるMIHO MUSEUMでぜひご体感ください。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.