トップ > 『更生保護』表紙絵による 山﨑佳代作品展
  

『更生保護』表紙絵による 山﨑佳代作品展

開催期間2019年9月2日(月)~2019年9月15日(日)
休館会期中無休
時間11:00~18:30
会場ナカジマアート
ホームページhttp://nakajima-art.com
住所東京都中央区銀座5-5-9 アベビル3階
お問い合わせ先E-mail info@nakajima-art.com  Tel. 03-3574-6008
山﨑佳代個展案内状 作品:「こどものくに」
山﨑佳代「回想」4S 日本画(更生保護2018年12月号表紙絵)
山﨑佳代「兆し」4S 日本画(更生保護2019年1月号表紙絵)
法務省保護局は、社会への復帰を目指す人々の更生保護の諸施策を推進する事業を行っており、その中の一つに更生保護関係者の研修教材である月刊誌『更生保護』の編集協力をしています。
その『更生保護』の表紙絵を平成30年8月から令和元年7月までの1年間、日本画家の山﨑佳代氏が担当しました。
繊細な描写と、優しく柔らかな色彩を駆使して描かれる水面やガラスに投影された美しい景色。
日々変化する形や色と向き合い、風土や時間、光の角度や空気の動きと共に偶然現れた思いがけない特別な一瞬。
氏の特別な場所を是非ご高覧下さい。

作家の言葉--------------
幼い頃から空想遊びが好きでした。今でも絵を描きながら色々と想像します。
表紙絵を担当した1年間、取材した幾つかの場所で今の自分と幼い頃の自分が同じ場所を見ていることを想像しました。
私が描くのは、有名な景勝地や特に変わった場所ではないけれど、私にとっては皆、特別な場所です。
ただ、何が特別なのか自分にもよくわからない時もあります。
子供の無邪気な視線ならその特別が見つかるのか、大人の冷静な視線ならその特別を見極められるのか、そのどちらが正しいのか判らずに、それでも一枚一枚、作品と自分に向き合った作品たちです。
山﨑佳代
--------------

山﨑佳代 略歴
千葉県に生まれる。
1992年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程日本画専攻 修了。
1999年 有芽の会 法務大臣賞受賞。
現在 日本美術院 院友。 

〈協力:更生保護法人 日本更生保護協会〉

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.