トップ > Bijin画×らくがきグラム展
  

Bijin画×らくがきグラム展

開催期間2019年8月24日(土)~2019年8月25日(日)
休館開催中はなし
時間10:00~18:00
会場ギャラリー表参道ROJI
ホームページhttps://www.instagram.com/hiro_and_yuki_1001/?hl=ja
住所東京都東京都港区南青山3-18-4 ブライト南青山103
お問い合わせ先E-mail info@cs-type4.com  Tel. 03-6804-5670
本人デザインのメインビジュアル
鉛筆で描かれる作品は、とくにその美しさが人気
自身のインスタでは制作風景も公開されている。今回は、その原画を展示。
会場は、駅から1分 ギャラリー表参道ROJI
東京・渋谷区/表参道にあるギャラリーROJIでは、8/24(土) 25(日)の2日間で
「Bijin画×らくがきグラム展」を開催します。

本展示会では、作家名Hiroyuki/ヒロユキ(@hiro_and_yuki_1001)氏が描く、「らくがき」とは思えないほどの存在感ある作品30点以上が展示される。これまでにインスタアカウントだけで発表され、その世界観は3,000人以上に支持されるほど裏付けのある人気である。今回は、その作品の原画を間近で観ることができる機会となります。

美&ユーモア&強さ
Hiroyuki/ヒロユキ氏本人が自身の作品を「らくがき」と言い張るスタイルには、芸術とその活動に従事している作家への敬意の姿勢の表しだという。らくがきだとはいえ、その制作姿勢は作家さながらの意思が作品に反映されていることがわかる。鉛筆に紙、そして時に水彩とシンプルな画材で描くのは、いつも「美しい女性の姿勢」だ。原画を前にするとそれぞれの強さをメッセージとして感じられるだろう。目にする作風は、指を使って描かれる線で作られ、雰囲気を醸し出し、他に類を見ないオリジナリティに溢れている。

Hiroyuki/ヒロユキは、1977年生まれ。本業はグラフィックデザイン・アートディレクターとして活動している。今回の活動を転身と捉えることもできるが、私には氏の活動はこの時代のツールを巧みに利用した活動として見て取ることができる。SNS、感性の価値観高騰、パラレルワークなど変動するこの時代に順応した取り組みであり、今後同じように増えていくことが予想される。そうした切り口は、自身が長年広告のクリエイティブに従事してきた経緯が多く含まれている。

実は、今回の個展開催は自身のインスタグラムで「フォロワー3,000人で個展開催」と称したチャレンジを行い、それを達成したことで開催される運びとなった背景がある。4ヶ月で多くの人を虜にした氏の作風は、美しさだけではなく、ユニークさがエッセンスとなっている。美しく描かれた女性の眉毛を太くして見たり、時には鼻水を上からドローイングして見せるシュールさは、まるで高級車にペンキでキャラクターをらくがきする行為と同等のタブーさを感じさせる。インスタでもHiroyuki/ヒロユキ氏のファンの多くはそれを楽しみとしている。

個展会場では、原画とその作品にまつわる(ポストカード、ポスター、アクセサリーなど)販売も行われる。また、会場の様子をSNSでライブ配信するだけではなく、実際にBijin画のモデルをつとめた本人との対談が企画されているという。

Hiroyuki/ヒロユキ氏のファンの約半数は海外フォロワーである。これを機にその活躍は国外にも展開されることは間違いないだろう。また、期間中は本人も在廊。作家本人と作品に直接触れ合うことができる。これから活躍すること間違いないその世界観を展示期間内に先取りしておくことをオススメする。



トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.