トップ > ゲッコーパレード本拠地公演 戯曲の棲む家vol.9 『ファウスト』
  

ゲッコーパレード本拠地公演 戯曲の棲む家vol.9 『ファウスト』

開催期間2019年8月16日(金)~2019年8月26日(月)
時間16日・23日20:00 17日・25日18:00 18日13:00 / 17:00◎ 19日・26日14:00 24日14:00 / 18:00
会場旧加藤家住宅
ホームページhttp://geckoparade.com/
住所埼玉県〒335-0003 埼玉県蕨市南町2丁目8番2号
お問い合わせ先E-mail geckoparde@gmail.com  Tel. 080-5479-3581
この夏休みは、きっといつまでも続いていく。今日という日にノルマはない。宿題は明日やればいいし、プールに行くのも気が向くままだ。アイスは冷えて、畳は気持ちがいい。友達の誘いに、何も考えずに出かけてゆける。
 「戯曲の棲む家」第9弾は、一軒家に永遠の時間が訪れる。
年老いたファウスト博士は学問と知識に失望し、悪魔メフィストフェレスと契約を交わした。
メフィストフェレスは彼の召使いとなるが、ファウストが生に満足した瞬間、その魂は悪魔のものとなる。ファウストはまず秘薬の力で若返り、第二の生を謳歌しはじめた。
 
ファウストという名前だけなら、聞いたことのある人は多いはずだ。ファウストは15世紀に存在した歴史上の人物であり、同時に彼の逸話を元にした伝説の主人公でもある。  
 そしてこの伝説を下敷きに、ドイツの文豪ゲーテが約60年かかって取り組んだ1万2千行にわたる19世紀発表の戯曲の名だ。きっと上演すれば20時間はくだらないこの文学史上の悪魔的大作を、体験したことのある人間は驚くほど少ない。
 これまで劇場という場所にこだわらず、異ジャンルの創作者と手をとって上演を重ねてきたゲッコーパレードが、今度は公演と作品の枠を超えた連作として『ファウスト』に数カ年計画で取り組む1作目として本作を発表する。まず本拠地の旧加藤家住宅から、新たな越境を開始する。
 ※本公演はあらゆる作り手に『ファウスト』を題材とした創作を呼びかける「ファウストプロジェクト」に賛同しています。


————————
ゲッコーパレード
2015年結成の演劇集団。名前の由来は「目的ではなく人の集まりこそ がパレードのように活動や表現を形成していく」という信条から。旧加藤家住宅を拠点にこれまで同住宅のほかホテル、博物館、歴史的建造物など12会場で23公演を行った。過去作にシェイクスピア作『ハムレット』(旧加藤家住宅)、ブレヒト作『リンドバークたちの飛行』(旧里見弴邸、山形ビエンナーレ、早稲田大学 演劇博物館ほか)など。現在、上池健太、河原舞、黒田瑞仁、崎田ゆかり、柴田彩芳を中心に活動。メンバーおよび協力者募集中。

旧加藤家住宅 きゅうかとうけじゅうたく
埼玉県蕨市にある、築40余年の木造住宅。命名は表象文化論研究者の故・竹森佳史氏による。2015年よりあらゆる芸術活動のために開放される。美術展、演劇公演、映画撮影、合宿、オフ会など多数のイベントが実施される。利用者随時募集中。
https://twitter.com/oldKATOHouse

《戯曲の棲む家》
演劇の辿る「戯曲を読み、稽古し、上演する」というプロセスを全て一軒の家で行うことで、かつて人が暮らした旧加藤家住宅を「戯曲の棲む家」へと変貌させる。本棚や劇場以外に居場所をみつけた戯曲の息づかい、異世界を住まわせる家のふるまいを観察する連続プロジェクト。
————————

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.