トップ > 十日町石彫プロムナードの作家たち 2019 [同時開催] 刀匠 大野義光 華やかな刃文の世界
  

十日町石彫プロムナードの作家たち 2019 [同時開催] 刀匠 大野義光 華やかな刃文の世界

開催期間2019年8月2日(金)~2019年10月6日(日)
休館火曜日
時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
会場星と森の詩美術館
ホームページhttp://www.hoshi-uta-m.jp
住所新潟県十日町市稲葉1099-1
お問い合わせ先E-mail info@hoshi-uta-m.jp  Tel. 025-752-7202
左:宮城島隆夫≪ふたり≫2006花崗岩、右上段:冨長敦也≪座る人物≫2001中津川安山岩、右下段:佐藤正和重孝≪タランドゥオオツヤクワガタ≫2007黒花崗岩
大野義光
Love Stone Project ー Tokamachi
十日町市内に設置されている「十日町石彫シンポジウム」(1995-2014)で制作された作家一人ひとりにスポットを当ててご紹介する当館のシリーズ展。
今回は、しなやかな曲線で人物を捉える宮城島隆夫(1949-)、水の流れや風が運ぶ砂塵が穿つように石を削り形作る冨長敦也(1961-)、「甲虫」に魅了され独自のスタイルで創作を続ける佐藤正和重孝(1973-)の3人の作家を招きます。石という素材に対峙する、3人それぞれの表現をお楽しみください。

「 Love Stone Project ー Tokamachi 」
今回「十日町石彫プロムナードの作家たち」展にご出品くださる彫刻家 冨長敦也さんの取り組み「Love Stone Project」を開催いたします。世界各地を訪れる冨長さんがその地で出会う人々とハートの形の石を磨くこのプロジェクトは、これまでに150か所で開催されおよそ2万人が参加しています。この夏、一緒に石を磨きませんか?

小展示室では、刀匠 大野義光の個展を開催いたします。
大野義光(1948-)は新潟市(旧黒埼町)に生まれ、大学在学中に刀鍛冶を志し吉原義人師・荘二(国家)師に入門、備前伝の刀作りを極めて行くことになりました。代表作《山鳥毛》写しを交え、現代刀工最高峰の一人と評される大野師の作を前期(8月2日~9月2日)・後期(9月4日~10月6日)合わせて計17口展覧いたします。

石彫展、刀剣展ともにギャラリートークを開催いたします。詳しくは美術館へお問い合わせください。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.