トップ > UMARTs2019 うまからうまれるアート展
  

UMARTs2019 うまからうまれるアート展

開催期間2019年7月25日(木)~2019年8月31日(土)
休館月・火曜日(祝日・振替休日は会館、直後の平日が休館)
時間10:00〜17:00
会場JRA競馬博物館
ホームページhttp://www.bajibunka.jrao.ne.jp/keiba/event/event_20190628.html
住所東京都府中市日吉町1−1 JRA東京競馬場内
お問い合わせ先E-mail apm-umarts@musabi.ac.jp  Tel. 042-342-6038
4千年以上前から、家畜として人間とともに生活をするようになって以来、私たちの生活に深く関わってきた馬。美しく強靭で、そして同時に非常に繊細な生き物である馬は、多くのアーティストに刺激を与え、作品の題材となってきました。
しかし近代化とともに、生活スタイルが大きく変わっていくにつれ、日々の生活の中から馬は消えていき、馬がアート作品の題材となることもなくなっていきました。今一度馬がもつ魅力を見出し、馬からアートが生まれる機会を作ろうと考え、今年7回目となる「UMARTs2019?うまからうまれるアート展」は、武蔵野美術大学に所縁あるアーティストたちが馬を五感で体験し、生み出した様々なアート作品を、アートと社会をつなぐ学びを行っている芸術文化学科の学生が展示します。
また、馬や馬文化に親しむ3つのワークショップを行います。
今回は、これまで6回の展覧会で展示された平面作品を今一度展示し、UMARTsの歩みを振り返るとともに、今回のために制作された新作を交え、UMARTsのこれからも見ていただきます。
また、府中市で地域を活性化する活動を行っている公益社団法人むさし府中青年会議所と協力し、地元の子どもたちが馬に出会い、描いた絵葉書も展示します。
馬から生まれた作品やワークショップを通して、馬と馬文化の魅力を再発見し、過去から未来に思いを馳せていただければと思います。

SNSリンク
Facebook:https://www.facebook.com/UMARTs2019/
Twitter:twitter.com/umarts2019
Instagram:instagram.com/umarts2019_


参加アーティスト
大学院日本画コース修了:久保俊太郎、齋藤菜菜恵、橘つづり、⤴田千晴、中西瑛理香
大学院油絵コース修了:柿沼宏樹、影山萌子、田畠由希子、田村佳丈、葉山ひなの
大学院版画コース修了:北嶋勇佑、所彰宏、中田麻衣子、山田ひかる
大学院映像コース修了:赤羽佑樹 
工芸工業デザイン学科(木工)4年:重松春花

投稿者氏名: 松永理紗
投稿者所属:武蔵野美術大学芸術文化学科研究室
メールアドレス:s_sugiura@musabi.ac.jp
--------------------------------------

(ご注意)
・内容に関しての質問がある場合、連絡させていただくことがあります。また、内容の一部をこちらで修正・補足させていただく場合がございます。
・掲載まではお時間をいただいています。投稿から7日以上経っても反映されない場合は、お手数ですが広報チームまでご連絡ください。
・既に投稿した情報の修正・削除については、koho@musabi.ac.jpまでご連絡ください。
・個人情報保護法やその他法令に定める場合を除いて、あらかじめ本人の同意を得ずに、個人データをその利用目的以外に利用したり、第三者に提供しません。


武蔵野美術大学 広報チーム
mail:koho@musabi.ac.jp
tel:042-342-6038

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.