トップ > 吉田信介 写真展 幻影 -Phantoms- in HOTEL 講 大津百町
  

吉田信介 写真展 幻影 -Phantoms- in HOTEL 講 大津百町

開催期間2019年7月31日(水)~2019年9月30日(月)
休館8/8※その他、ホテルの状況によって休館する場合がございますので、訪問の際はお問い合わせください。
時間12:00〜17:00
会場HOTEL 講 大津百町「茶屋」
ホームページhttps://kyoto-muse.jp/japanesque/84818
住所滋賀県滋賀県大津市中央1-2-6
お問い合わせ先E-mail kyoto.japanesque@gmail.com  Tel. 08059887720
京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは、契約作家・吉田信介 写真展 幻影 -Phantoms-を HOTEL 講 大津百町「茶屋」で7月31日(水)〜9月30日(月)まで開催いたします。

HOTEL 講 大津百町は雑誌『自遊人』を発行し、新潟県南魚沼市で〈里山十帖〉を手がける〈自遊人〉による、新しいメディア型ホテル。

「街に泊まって、食べて、飲んで、買って」をコンセプトに、旧東海道と並行するアーケード商店街にある、築100年以上の7軒の町家をリノベーション。趣を残しながらも、インテリアや居住性は現代版にアップデートされています。

吉田信介は大津出身、在住で琵琶湖の作品を多く制作していたことから、今回の写真展が実現しました。長時間露光で撮影した作品は、静けさと不思議な居心地のよさを感じさせます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

社会がデジタル化し、時間の密度と緊張感が高まり疲弊する日々が蓄積していく。
感情が日に日に薄くなり、秩序も価値観も大きく変わっている。
人間が取り残され、システムだけが独り歩きしていく世界。
時間を止めて風景を切り取り、非現実の世界に没入したいと思った。
静寂が包む水辺の景色には色も音もなく、瞑想のような“幻影”が映し出された。

吉田信介

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


写真展は宿泊の方は、滞在中いつでも鑑賞が可能。宿泊の方以外は12:00〜17:00の間に展示会場のレセプション「近江屋」のスタッフに声をかけていただくと、展示会場に案内していただけます。

ぜひ大津の魅力を HOTEL 講 大津百町で体感してください。

吉田信介 写真展 幻影 -Phantoms-
会期:2019年7月31日-9月30日
会場:HOTEL 講 大津百町
住所: 滋賀県大津市中央1-2-6
電話:077-516-7475
展示時間:12:00-17:00 
入場料:無料
休館日:8/8※その他、ホテルの状況によって休館する場合がございますので、訪問の際はお問い合わせください。
URL: http://hotel-koo.com/

*宿泊せずに鑑賞をご希望の場合は、必ずレセプション「近江屋」にてお声がけください
*ご宿泊のお客様は期間中いつでも閲覧可能です
*客室の見学できませんのでご了承ください
*ご宿泊のお客様以外のラウンジのご利用はご遠慮ください
*展示作品は販売可能です。
ご購入希望の場合はホテルスタッフへお問い合わせください

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.