トップ > ツダモトシ×郡司侑祐 「ゆめのなかでゆめをかなえる」(event ゆめのなかでゆめをかなでる)
  

ツダモトシ×郡司侑祐 「ゆめのなかでゆめをかなえる」(event ゆめのなかでゆめをかなでる)

開催期間2019年7月20日(土)~2019年8月12日(月)
休館火・水 定休
時間14:00~20:00(日曜日は12:00~20:00)
会場gallery yolcha(ギャラリーヨルチャ)
ホームページhttps://yolcha.jimdo.com/
住所大阪府大阪市北区豊崎1-1-14
お問い合わせ先E-mail gallery.yolcha@gmail.com  Tel. 090-3673-0337
ドリーミーで浮遊感溢れる作風が特徴的なふたりの作家の展覧会です。
ツダの絵は地上おおよそ15メートル付近をフワフワと浮かび、
郡司の絵は地上20センチぐらいをひょこひょこ漂っている印象です。
人当たりの良い穏やかな人柄のふたりの作家が、
その途絶えることのない夢想に色と形を与えるにつれ、
夢と現実はさほど違いはないのかもしれないと思わせてくれる。
たとえばこうだ。もし友達が少ないのであれば、自分で描いて増やせばいい。
郡司は描くことで自分の仲間をどんどん増やしている。
そして彼はいつも自分の描いたモチーフととても仲が良さそうである。
40代になったツダの本展の絵は、実は20 代後半のもので本邦初公開となる。
淡くくすんだ現在の彼の幽玄な絵と比べると、
はっきりとした原色使いでタッチものびのびとしている。
ふたりが描くものたちは時系列や文脈を越えて夢を謳歌している。
われわれも眠れば夢を見るが、その夢の中で自分の本来の“夢”を叶えることは容易いことではない。ふたりにとってつくることは意識的に夢を見ることである。
それはしかし“夢見がち”ということではなくて、自ら設定した夢というフォーマットの中で、
現実的に自分の夢を叶えることなのだ。
そんな彼らの見る夢はいつもすぐ側でわたしたちの現実を支えてくれる。
ゆったり構えて何も言わずにこう語ってくれる。
ゆめゆめ忘れるな、あなた自身の夢を。

ギャラリーヨルチャ車掌


[ツダモトシ/Motoshi Tsuda]
1978年神奈川県生まれ。東京農業大学卒業。神戸在住。
関西を中心に個展、グループ展、イベント参加等活動中。
好きな作家はアンリ・マティス、村上春樹、寺門孝之。
今回は20代終わり頃に描いたものを主に展示します。
https://tsudamotoshi.tumblr.com/

[郡司侑祐/Yusuke Gunji]
1984年栃木県生まれ。2004年頃より絵を中心に制作、展示などの活動を始める。
2017年より栃木県益子町で自身の作品を展示する場所「ひとり美術館」を始める。
https://hitorimuseum.web.fc2.com/

【期間中イベント】
「ゆめのなかでゆめをかなでる」
8/8(木)石川征樹 from金沢 ギターコンサート
ゲスト:江南泰佐(ピアノ他)、西田有里(ガムラン、声)
開演:19時 料金:¥2,000(1drink付き)
要予約(自由席):gallery.yolcha@gmail.com/090-3673-0337

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.