トップ > hiro 作品展「令和循聖」
  

hiro 作品展「令和循聖」

開催期間2019年9月3日(火)~2019年9月29日(日)
休館無休
時間11:00〜18:30
会場京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク 2階展示室「花」
ホームページhttps://kyoto-muse.jp/exhibition/81973
住所京都府京都府京都市東山区堀池町374-2
お問い合わせ先E-mail kyoto.japanesque@gmail.com  Tel. 08059887720
京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは、2階「花」にて、2019年9月3日(火)から9月29日(日)まで、hiro 作品展「令和循聖」を開催いたします。
※京都岡崎 蔦屋書店 パークプラザ3階 共通ロビーにて8月27日(火)から9月29日(日)まで「令和美麗」を開催。京都2会場にて同時期開催しますので是非ご高覧ください。



森羅万象に宿る希望の光を求めて

『令和循聖』『令和美麗』について

寺や神社に参拝した時の”新鮮な気持ち”は、どこからくるのだろう?
そんな疑問からカメラを寺や神社という聖なる場所に向けるようになりました。
2015年11月のことです。

撮影の際は、まずその寺や神社の歴史を知るところから始まり一般の参拝客と同様に参拝を行い、気持ちにリズムを作ります。
三脚やストロボは使用せず、その神聖な場所を乱さないよう心がけています。

撮影を繰り返しているうちに、こう思うようになりました。
過去から現在に至る多くの参拝者の「祈り」「願い」といった様々な想いが無限に積み重なり、草・木・岩・花・水などに棲みつき、一体化している「場所」が、いたるところに存在するのではないかと。
その「場所」に呼びとめられ、共鳴するように撮影を続けました。
人々の「想い」「祈り」「決意」が、神聖な境内の「場所」に共鳴し、その「場所」に希望や生命力を蓄えてきました。
それが、私が感じていた”新鮮な気持ち”の源だったのです。

”新鮮な気持ち”、それは森羅万象に宿る生命力。

この作品『令和循聖』『令和美麗』は、”新鮮な気持ち”をその「場所」から抽出し、ビジュアルアートとして再現したものです。


作品が今後、希望、勇気、決意などに繋がるサインとして沢山の人に届くことを願い、作品と真摯に向き合い、勉強し、ひとつひとつ丁寧に手がけていきたいと思っています。



hiro

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2020 Artefactory Inc. Allrights reserved.