トップ > 「長く生きる。“DNA”を繋ぐ50脚の椅子」展 ー永井敬二コレクションよりー
  

「長く生きる。“DNA”を繋ぐ50脚の椅子」展 ー永井敬二コレクションよりー

開催期間2019年7月26日(金)~2019年11月24日(日)
休館店舗休館の場合は、それに準じます。
時間10:00~21:00
会場無印良品 銀座6F ATELIER MUJI GINZA Gallery1
ホームページhttp://www.muji.com/jp/ateliermuji/exhibition/g1_190726/
住所東京都〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-5
お問い合わせ先info@ateliermuji.jp
©︎ATELIER MUJI GINZA2019
ATELIER MUJI GINZA Gallery1では、モダンデザインの歴史上、もっとも長く生産が続けられられている一脚の椅子を原点に、その“DNA”を未来へ繋ぐ50脚を展示いたします。ものがたりの始まりは、曲木技術によって量産の礎を築いた「トーネット」社の1859年モデル「No14」。それは、ムダを削ぎ落とした構造とデザイン、ノックダウン式によって輸送コストもミニマムに抑えた、当時大きな驚きをもって迎えられた椅子でした。「No14」は今年、誕生から160年を迎えます。
本展では、椅子が一つの生命体であるとイメージし、曲げの技術から生み出された50脚を通じて、その“DNA”のネットワークの視覚化を試みます。デザインのアーキタイプ(原型)とバリエーション、リミックスや逸脱のモデルが一堂に会す稀な機会でもあります。脈々と続く椅子の「生命の木が」読めてくると、「新しい」デザインの見え方も変わってくるのではないでしょうか。消費されない、長く生き続ける「もの」の秘密について皆さんとともに考える機会を持てれば幸いです。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.