トップ > 2019年秋季特別展 見て、知って、楽しむ 茶碗の世界
  

2019年秋季特別展 見て、知って、楽しむ 茶碗の世界

開催期間2019年8月31日(土)~2019年12月1日(日)
休館毎週月曜日。ただし9/16(月)・9/23 (月)・10/14(月)・11/4(月) は開館、翌火曜日休館。
時間10:00 ~ 16:30(ご入館は16:00まで)
会場野村美術館
ホームページhttp://www.nomura-museum.or.jp
住所京都府京都市左京区南禅寺下河原町61
お問い合わせ先E-mail nomurams@nomura-museum.or.jp  Tel. 075-751-0374
灰被天目(前期展示)
仁清 金筋茶碗(前期展示)
長次郎作 赤楽茶碗 銘獅子(前期展示)
鼠志野茶碗 銘横雲(後期展示)
御本立鶴茶碗(後期展示)
茶を飲むための茶碗は、16 世紀に茶の湯が確立する頃には天目類が多く使用され、その後中期には朝鮮半島製のもの、ついで備前や信楽などが使われるようになるなど、時代を経る毎に茶の湯で使われる茶碗の種類は増加していきました。そして茶人達は中国製のものを「唐物」、朝鮮半島製のものを「高麗物」、日本製のものを「和物」と呼ぶようになり、また「和物」は主として産地により分類がされ、仁清や乾山など優れた名工の作品はその人物名で呼ばれました。

今回の展覧会では年代や産地によって様々な特徴・魅力を持つ茶碗を選りすぐり展示します。実際に茶碗を「見て」、「知って」いただき、抹茶を飲むことをイメージして展覧会をお楽しみいただけたら幸いです。

《主な展示作品》
【前期】灰被天目・祥瑞沓形・珠光青磁 銘初花・坂本井戸・蕎麦 銘藤浪・安南絞手・織部暦絵・瀬戸唐津 銘冬の月・仁清 金筋・乾山 山水画讃・樂長次郎作赤 銘獅子・樂道入作赤 銘柘榴・薩摩荒磯絵 など

【後期】大天目・人形手・絵高麗梅鉢文・本願寺井戸・御本立鶴・粉引・金海・紅安南・練上志野 銘猛虎・鼠志野 銘横雲・黒織部・高取 銘香久山・伊賀 銘すね市三猿・絵唐津 銘 嶺雲・朝日 など

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.