トップ > 館勝生 1997-2006
  

館勝生 1997-2006

開催期間2019年5月22日(水)~2019年6月9日(日)
休館月、火、6/1(土)
時間水-土 11:00-19:00、日 11:00-17:00
会場Yoshimi Arts
ホームページhttp://www.yoshimiarts.com/exhibition/20190522_Katsuo_Tachi-1997-2006.html
住所大阪府大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F
お問い合わせ先E-mail info@yoshimiarts.com  Tel. 06-6443-0080
《july.23.2006》 2006 油彩、キャンバス 1620×1303mm(F100)
この度、Yoshimi Artsは、弊廊にて3回目となる館勝生の展覧会「館勝生 1997-2006」を開催する運びとなりました。
コンセプチュアル、ミニマル、ニューペインティングが混在している中で、館勝生は、身体の感覚に一番近いところで出来る絵画を選びました。晩年にあたる2008年まで描き続け、その短い画業の中でも作品は変化していきました。1990年代初めからは、虫と分かるような有機的な存在を用いて描いていますが、それまでの、絵具の色彩と物質感で描いていた抽象絵画とは、それらは一線を画す作品のように思います。
館勝生の実家は養蜂場を営んでいて、館も子供の頃、花を求めて全国を回るのに同行し、自然の中で四季や朝夕の時間の移り変わりを肌で感じていました。その体験からインスパイアされ、虫を抽象的に描くようになったと聞きます。その後、1990年代中頃の作品になると、虫のようなモチーフが解体されて、絵画の構造が画面全体に立ちあがり、突然出現した球体が宇宙的な空間を作り出しています。それが2000年に入ると、激しい生命観を持ったような抽象化された有機体になり、それと共に大きな余白が出現します。その余白が時間を作り出し、時間の中において、浮遊する有機体が激しくも限りある物に見えてきます。また、2006年までの余白部分は淡いパール色で薄く塗られ、少し絵具の物質感がありますが、2007年になると有機体が少し大きくなるのと同時に、余白に絵具を全く塗らなくなっており、時間が流れているようにも、止まっているようにも感じられる空間へと展開しているように思います。
本展では、三重県立美術館で開催された個展「館勝生展」(2001)に出品された1990年代後半の大作2点と、大きく異なる展開を見せ始める2000年代前半の作品2点、そして、晩年への入口となる作品1点で構成する予定です。
杉中瑞季「暮らしと風景」
2019/5/21~2019/5/26

トップへ
アップデイトダンス No.62「青い記録」
2019/5/24~2019/6/1
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.