トップ > 夏季特別展Ⅰ「謎の蒔絵師 永田友治 ―尾形光琳の後継者を名乗った男―」
  

夏季特別展Ⅰ「謎の蒔絵師 永田友治 ―尾形光琳の後継者を名乗った男―」

開催期間2019年6月8日(土)~2019年7月15日(月)
休館毎月曜日 ※7/15(月)は開館
時間午前10時~午後5時 (入館は午後4時まで)
会場MIHO MUSEUM
ホームページhttp://miho.jp
住所滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
お問い合わせ先0748-82-3411
槙鹿蒔絵菓子重 江戸時代 18世紀 個人蔵 撮影:山崎兼慈
刷毛目塗燕子花蒔絵螺鈿菓子盆 10枚の内 江戸時代 18世紀 個人蔵 撮影:山崎兼慈
永田友治は、江戸時代中期、正徳・享保年間(1711~1736)ころ京都で活躍した琳派の蒔絵師と伝えられていますがその実像ははっきりとしていません。しかし、彼の作品は尾形光琳(1658-1716)風の意匠に倣い、独特の青漆(緑色系)や友治上げと呼ばれる錫粉を使った高蒔絵を用いる独創的なもので、漆工芸史上にしっかりとその足跡を残しています。しかも、彼は尾形光琳の使用した「方祝」の円印や、光琳の号「青〃」に「子」を加えた「青〃子」号を使用するなど、光琳の後継を強く意識した名を作品に残しているのです。
今回の調査により、江戸中期に京都と大坂を拠点として活動したと考えられる友治の活動がおぼろげながら見えてきました。そこで、本展では彼の作品をできるだけ多く集め、今後の研究の基礎資料を提供すると共に、その魅力とその秘密を化学分析による研究成果も交えて紹介いたします。知られざる謎の蒔絵師「永田友治」にせまる初めての展覧会となります。※友治の「友」は右肩に点あり
TERRESTRES: ラテンアメリカ・コンテンポラリーアートへの接点
2019/5/31~2019/6/4

トップへ
Creator Support 2018-2019
2019/5/11~2019/5/25
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.