トップ > 大西伸明 Nobuaki Onishi: 投影と影取 Projection / Extraction
  

大西伸明 Nobuaki Onishi: 投影と影取 Projection / Extraction

開催期間2019年4月6日(土)~2019年5月18日(土)
休館日曜・祝日
時間13:00 - 19:00
会場ギャラリーノマル
ホームページhttps://www.nomart.co.jp/gallery/exhibition/2019_onishi.php
住所大阪府大阪市城東区永田 3-5-22
お問い合わせ先info@nomart.co.jp
大西伸明 Nobuaki Onishi
個展「投影と影取 Projection / Extraction」
2019.4.6 sat – 5.18 sat
13:00 – 19:00 日曜・祝日休廊
Closed on Sundays and National Holidays

助成:岡山県「I氏賞」事業

■ 初日トーク・イベント : 2019.4.6 sat 18:00 - 無料
トーク:大西伸明 x 小林 公 (兵庫県立美術館 学芸員)
* 終了後、オープニング・パーティーを開催


独自の技法”Through Printing”に特化・深化した新作展 ー
大西伸明、素材とアプローチを変えて挑む2つの個展

オリジナル/複製という物事の捉え方、二元論的解釈の保留・再考を通して、本質を探り出すべく、”薄さ”や”反復”といった手法を用いて、精巧でありながら感覚的に違和感が残るような立体や平面作品を、優れた造形技術を駆使して制作する大西伸明。ときに意表を突いたユーモラスな表現のわずかな隙間から世界の多様性を現出させる稀有な作家として、国内外で積極的に発表を行なっています。

今春、素材とアプローチを変えて挑む関西2会場での2つの個展

今回、ギャラリーノマルでの4年振りとなる個展では、「シワ」「デカルコマニー」「レリーフ」をキーワードに、2012年に当画廊で開催した個展で初めて試みられた、撮影された映像を精密に再現しつつ、同時にそのイメージを解体していくことが可能な「スループリンティング(※)」という、自ら編み出した技法を駆使して、ノマルの工房刷り師との協働で新たな表現にチャレンジします。
また同時期、兵庫の”ギャラリーあしやシューレ”では今展と同タイトルでの個展を、こちらより1週間早い3月30日(土)からスタート。同展では「ヒビ」をテーマとした立体作品の展示を予定しています。

ノマル展での初日には、2011年に兵庫県立美術館で開催された個展「注目作家プログラム チャンネル2:大西伸明 UNTITLED」 での担当学芸員、小林公氏を招いて作家とのトークを開催。大西の思考や今展での試みをより深く知ることが出来る、またとない機会となります。

同時期に関西の2会場で開催される大西の個展を、ぜひともご高覧くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


※ スループリンティング(Through Printing)
大西が新たに考案した、スクリーン印刷を応用した技法。
スキージによってインクをこし出す通常のスクリーン印刷とは異なり、インクを吹きつけることでイメージを定着させる。版と支持体の距離によって焦点をコントロールしながら、「集中と拡散」という相反する状態を一度につくり出すことが出来る。

[同時期開催の展覧会情報]
“大西伸明:投影と影取”
会場:ギャラリーあしやシューレ
会期:2019年3月30日(土) – 4月27日(土) 11:00 – 17:00, 日・月曜日休廊

▪トークイベント「平成・美術・これから」:2019年4月27日(土) start 15:00 – 16:00, 無料
トーク:大西伸明 x 出原 均 (兵庫県立美術館 学芸員)
*トーク終了後、ファイナルレセプションを開催

http://www.ashiyaschule.com/

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.