トップ > 折笠敬昭 個展 Orikasa Yoshiaki solo exhibition ″Where is my Simulacre″
  

折笠敬昭 個展 Orikasa Yoshiaki solo exhibition ″Where is my Simulacre″

開催期間2019年3月18日(月)~2019年3月23日(土)
時間11:00〜19:00(最終日17:00)
会場アートスペース羅針盤
ホームページhttp://rashin.net
住所東京都中央区 京橋 3-5-3 京栄ビル2F
お問い合わせ先E-mail fukutsunohikutsu@gmail.com  Tel. 09093729232
折笠敬昭 個展
Orikasa Yoshiaki solo exhibition
″Where is my Simulacre″
2019年3月18日(月)〜3月23日(土)
11:00〜19:00(最終日17:00)
アートスペース羅針盤
東京都 中央区 京橋 3-5-3 京栄ビル2F
この度2回目となる個展を京橋アートスペース羅針盤にて開催させて頂きます。
今回の展示コンセプトは「ぼくのSimuracleを知らないですか?」という僕自身の問いから発想しました。
″Simulacre″とは、複製や模造、実体を持たない記号、その記号が一人歩きして現実を喪失した状態を示す用語ですが、その中には面影、幻影などという意味も含まれます。
僕はこの言葉に、学生時代より制作のテーマとしている「存在の不確かさ」への親和性をとても感じました。
もし、自分のSimulacreがどこかに在るなら?
例えば朝見た雲を夜まで追いかけるような、幼少期の一人遊びの時の、自分にしか見えない友達の顔を思い出すような・・。
今回はいくつかのシリーズ作品を会場に設置致します。
・荼毘の際に、骨に付いた色が献花の色だと聴いた体験に基づく「すがた」への考察をテーマにした平面作品シリーズ「HANABONE」。
・僕の脳の中にだけ出現する幽霊を描いた幽霊画シリーズ「Dear delusion」
・自分が造花の絵だと知ってショックを受けた絵画を慰めるプロジェクト「造花の眼」
など。
その他、今回の個展会場限定の、僕の音楽プロジェクト◎(omaru)名義音源アルバム作品
「Where is my Simuracre」を会場内で販売致します。
佐藤信太郎作品展「The Origin of Tokyo」
2019/2/27~2019/4/13

トップへ
ICELAND -鈍色の世界を行く-
2019/4/16~2019/4/21
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.