トップ > 「河口龍夫 <関係>の始まり」
  

「河口龍夫 <関係>の始まり」

開催期間2019年2月16日(土)~2019年3月16日(土)
休館日・月・祝祭日
時間11:00 - 18:00
会場ART OFFICE OZASA
ホームページhttp://artozasa.com
住所京都府京都市上京区竪門前町414 西陣産業会館207(堀川今出川南西 西陣織会館 西館)
お問い合わせ先E-mail mail@artozasa.com  Tel. 075-417-4041
©︎Kawaguchi Tatsuo
この度、ART OFFICE OZASA では、河口龍夫の個展「河口龍夫<関係>の始まり」を開催いたします。

約半世紀前の1970年、河口は「京都アンデパンダン展」に「関係」と言うタイトルの作品を発表します。これ以降「関係」という言葉は、今日に至るまで様々な作品に登場し、河口の制作活動を知るうえで重要な言葉になっています。

今回の展示では、「関係」という言葉が使われた最初の作品である「京都アンデパンダン展」の出品票のコピー4枚からなる「関係」(1970年)を中心に、その前後の年に京都で発表された作品を展示いたします。

前年1969年に鴨川公園で開催された「野外造形‘69展」の出品作「位置」(1969年)、翌年1971年に「京都アンデパンダン展」に出品された「感光」(1971年)に加えて、1968年に制作された未発表作品「鏡の死 あるいはガラスになった鏡」の展示のほか、今回の展示の為に制作された新作「位置」(2018年)を発表いたします。

河口が1969年から1971年にかけて京都を舞台に発表した作品が約50年の歳月を経て再び京都で展示される大変貴重な機会となります。また初日には、河口龍夫氏、鷲田めるろ氏、牧口千夏氏による鼎談「<関係>の始まり」を開催いたしますので、ぜひお楽しみ下さい。

また本展にあわせ刊行するカタログに、鷲田めるろ氏に「メディアの成立条件を問うミニマルな作品」を寄稿して頂きました。そのテキストの一文を本プレスリリースの冒頭にてご紹介させていただきます。

今回、通常のカタログの他に新作のオリジナル作品「関係の関係」(2019年)の入った特装版カタログを限定50部で販売いたします。

どうぞご高覧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


ART OFFICE OZASA


----------------------------------------------------------------------------------------


協 力 | 横田茂ギャラリー

関連企画 | 2019年2月16日 16時30分〜18時

『鼎 談 河口龍夫+ 鷲田めるろ+ 牧口千夏 「河口龍夫 <関係>の始まり」』

カタログ | テキスト執筆:鷲田めるろ



<主な出品予定作品>

「鏡の死 あるいはガラスになった鏡」 1968年  未発表作品

「位置」1969年  野外造形’69展 出品作

「関係」1970年  京都アンデパンダン展 出品作

「感光」1971年  京都アンデパンダン展 出品作



<特装版カタログ>

新作オリジナル作品「関係の関係」(2019年)入り

限定50部

販売価格:未定

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.