トップ > 継ぎ接ぎ展 - Patching (and Darning)
  

継ぎ接ぎ展 - Patching (and Darning)

開催期間2019年1月26日(土)~2019年2月23日(土)
休館日曜日、月曜日、祝日
時間12:00 - 19:00
会場TEZUKAYAMA GALLERY / Viewing Room
ホームページhttp://tezukayama-g.com/exhibition/patching-and-darning/
住所大阪府大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F
お問い合わせ先E-mail info@tezukayama-g.com  Tel. 06-6534-3993
Main Image
Tomoko Atsuchi | FOLD, 2017, 260 x 160 cm, oil, wooden panel, canvas
Daisuke Ida | exhibition view of 'Photo Sculpture' at 3331 Gallery, 2018
Kohei Yamashita | Light of City, 2011, collage, paper, wooden panel
この度,TEZUKAYAMA GALLERYではグループ展「継ぎ接ぎ」を開催する運びとなりました。
今展では「コラージュ」をキーワードに,厚地朋子(b.1984),井田大介(b.1987),山下耕平(b.1983)の3組のアーティストによる作品を紹介します。是非,この機会にご高覧下さいませ。

【ステートメント】

 これはコラージュの展覧会である。コラージュが20世紀初頭,ブラックやピカソらに「発見」されたことは,美術史におけるひとつの見方としておそらく正しい。ここで「発見」と敢えて書いたのは,コラージュがその当時新たに生まれた技法ではなく,既にあったと考えるからである。紙を切り,そして貼り繋げる。要するに,その単純明快な造形行動は原初的だ。ただし,それを美術的であると見なすかどうかは別なのである。しかしこの際,美術か否かの問題は棚上げするとして,造形行動としてのコラージュについて話を進めよう。
 コラージュとは,寄せ集めや組み合わせである。遡れば,原始人類による石の積み重ねを,コラージュ的技法の表現と捉え直すことは出来ないだろうか。つまりは,ラスコーの洞窟内動物画の,描く・形作るといった美術的行為よりも,石による祈りや埋葬の痕跡のような造形がまず先にあったはずだ。とすると,幼少期の積み木遊びもまた,同義的な行為として見えてくるのではないだろうか。では,現代の美術に置き換えた場合はどうか。コラージュが包括するエリアは実に広域であり,今回参加する作家の仕事もまた,俯瞰するとその円の内側に点在していることがよくわかる。
 ここで話を元に戻そう。コラージュを組み合わせの技術と説明したが,それは切断と接続への言い換えが可能だ。クローズアップされたその繋ぎ目に焦点を合わせると,結合部はひどく醜く脆く,重ね合わせの跡がはっきりと見て取れる。詰まるところ,接合部分はどこまでも切断されたままなのである。
 接続することに慣れた現代社会。ネットワークの高度化によるイメージや情報の大量流出は,さらに激しさを増している。今を生きる我々は,その享受を日々感じながら暮らしているが,そこに切断が潜んでいることを忘れてはならない。冷静に凝視することで,立ち現れて見えるのは,継ぎ接ぎの身体である現代の像ではないだろうか。この展覧会を通して,切断と接続の部位を改めて観察することで,現代の身体が再認識されることを期待したい。

トップへ
ニックネーム  
<コメント投稿に関する注意事項>
※投稿は、お客様の自己の責任において行うものとし、当社は、当該サービスを利用したことにより生じた損害に関する一切について何らの責任も負わないものとします。
※下記に該当・類似する投稿が発見された場合、予告無く、本サイト上から削除する場合があります。
 ・公序良俗に反するもの
 ・個人的な売買・譲渡を持ちかける内容、宣伝行為と判断したもの
 ・アートジェーンの管理運営を妨げる等、当社が不適切と判断したもの
Copyright 2019 Artefactory Inc. Allrights reserved.